INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S2-#10 「ゆがむ心」

バージェスが撃たれ、キャシディがバージェスの止血を行っている間
ローマンは一人でドアを開けて家の中に入っていくと誰もおらず
玄関のブザーを鳴らすと発砲する仕組みになっていたことがわかります。
さらに奥に進んでいくと緩んでいる床板が合って
そこを踏んだら大音量のロックが鳴り響き
止めに行こうとしたらその手前にワイヤーが。
突っ込むとまた撃たれる仕掛けになっていました。
特捜班が到着し解除しますが
バスルームから薬品で溶けかけた遺体が発見されます。

バージェスは病院に搬送され
骨折し、弾が体内に残っていて手術を受けます。
リンジーはFBIへ異動することになっていましたが
バージェスを撃った犯人を捜したいと申し出
異動を延期させてもらいます。
ボイトはローマンを特捜班に加え
犯人捜しに関わらせます。

現場に残された証拠をたどっていくと
次の建物にたどり着きますが
またもや仕掛けがありそうな状況。
まず小型カメラを差し込んで建物内をチェックし
仕掛けを把握したうえで突入すると
今度は若者の遺体が見つかります。

遺族の話ではこの若者も犯人ではなさそう。
若者は最初の被害者と親しかった心理学の教授の息子で
容疑者は心理学教授と関係がありそう。
調べていくと教授から接近禁止令を出されている
学生ヨークの存在が判明します。
ヨークは双極性障害の診断が出されていて
大学での面接の際教授の前で
訳の分からないことを言いながら教授を脅し捕らえられていました。
ヨークは教授の関係者を次々と襲い
建物内に様々な仕掛けを作って
警察を妨害しようとしていました。

また被害者がいると思われる建物に行き
踏み込もうとしたら停車してあった車のクラクションが鳴り始め
ルゼックが車の様子を見に行きトランクを開けたとたん
建物内で爆発が起きます。
野次馬に混じってヨークがいるのをリンジーは発見し
ハルステッドと協力してヨークを捕らえます。

取り調べでヨークの言うことは意味不明。
でも家へのこだわりがあるようで
調べていくと次のターゲットは不動産を扱っている女性で
今度は拉致された彼女の体にC4爆弾とタイマーが取り付けられていて
ハルステッドが入手した電話番号をかけたら
それがタイマーのスイッチとなっていました。

特捜班は現場に踏み込みますが
今度はボイトが床板を踏んだとたん音楽が流れ
バリアーが貼られていて中にも行けず
外で待機する爆弾処理班に連絡を取ると
雷管を外せば解除できると言われ
ハルステッドが雷管外しに取り掛かります。
ローマンが女性の気を静めさせ
偽物だったバリアーを突破。
ハルステッドもぎりぎりで雷管を外し
女性を救い出します。

オリンスキーは異動するリンジーに
愛用の品を餞別に渡します。
ルゼックは途中から病院に行き
プラットに代わってバージェスを見舞います。
ローマンとキャシディが言い争っていたから
バージェスが撃たれた。
ローマンは後悔し、ルゼックが怒りをぶつけますが
そこから先は大人の対応。
ボイト組では細かいことを根に持っていたら
やっていけませんからね。
そんなボイトは事件解決後バージェスの病室へドーナツを持っていき
チーム内恋愛は認めないけれど特別に
リンジーも抜けることだし特捜班に入らないかと声をかけてくれます。
さすがボイト流の包容力。素敵なボスだなぁ。
ところでルゼックとバージェスだったら同じチームにいても
うまくやっていけるかな。
職場恋愛がうまくいくのは
要は二人のキャラクターなのかなと思います。
お互い許し合えジョークが通じることが大事なのかなと
それはNCIS:LAのケンジーとディークスを観ていて思うけど
ルゼックとバージェスはどうでしょう。
ついでにキャシディに腹を立てまくっていたローマンですが
和解の話し合いができた・・・かも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント