FC2ブログ

Victoria S1-#1 「若き女王」

ダウントンの余韻を残したまま
「女王ヴィクトリア」の視聴が始まりました。
もちろん第二音声字幕付けの生視聴なので
吹替云々については全く関心がありませんが(汗)

ウィリアム4世の死去に伴い、18歳でイギリス女王となったヴィクトリア。
アレクサンドリーナという本名はもちろん
べスやらアンやらの呼び名を拒否し
ヴィクトリアと名乗ることを自ら決め、やる気満々ですが
なんといっても18歳で
未だにお人形を大事にしている娘ですから
国を治める方法など全然分かっていません。

ヴィクトリアの母のケント公妃と側近のコンロイは
ヴィクトリアには無理だから摂政を置いてと
自分たちが国政にかかわろうとしますがヴィクトリアは却下。
とにかくコンロイが嫌いでたまらないようです。
その代わりヴィクトリアが頼りにするのが首相のメルバーン。
妻子を亡くし孤独なメルバーンは女性関係では評判がよろしくないようですが
ヴィクトリアは彼の采配を信じ、女官選びから意見をもらっています。
ヴィクトリアは母とコンロイの呪縛から逃れたくて
ケンジントンからバッキンガムに引っ越しをします。

戴冠式もなんとか無事に済ませたヴィクトリアですが
フローラの腹のふくらみは妊娠だと主張し
コンロいとともに陥れようとしますが
厳密な検査の結果妊娠ではなく腫瘍ができていると判明。
すっかり衰弱したフローラにヴィクトリアは謝りますが
結局フローラは死亡し、ヴィクトリアは国民の信頼を失います。

まだ始まったばかりでストーリーを追うことに精一杯ですが
王室が舞台ですからとにかくゴージャス。
クイーン・メアリーよりは現実味があって見ごたえあるし。
でもダウントンと比べて物足りないのはCGの多用かな。
ダウントンが生の風景を楽しめたのに対し
どうしてもCGを使わなくてはならないのは仕方ないんだけど
やっぱりどこか寂しいです。

Dr.Whoを観ていないのでヴィクトリアの中の人のことはよくわかりませんが
メルバーンはEleventh Hourのフッドでした。
この人もいろんなドラマに出ていますね。
「高い城の男」ではナチスの制服を着ているし。
見慣れているせいか、信用できる気がします(苦笑)
Tom Hughes演じるアルバート公の姿を早く観たいんですが
まだ出てこないんですね。
登場を楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ