FC2ブログ

Chicago P.D. S2-#16 「裏切り」

シカゴ警察で組織に潜入中の麻薬捜査官マニングと連絡が取れなくなり
署長はボイトに特捜班でマニングを探してほしいと依頼してきます。
組織の中にVice時代の潜入の時に知り合いになっていた
クーパーがいることが分かったドーソンは
自ら潜入してクーパーとコンタクトを取り
マニングを探すことにします。

久々にセダッチ潜入♪
こういうしけたチンピラ役が本当に似合うよね!
と十分オヤジ化してもチンピラセダッチファンとしては(笑)
嬉しくてたまりません。
UC Undercover時代、セダッチ演じるジェイクが
どんなスタイルで潜入するか
ワクワクしながら観ていましたから。

ドーソンはクーパーと接触。
クーパーは疑うことなくドーソンを受け入れてくれます。
ドーソンは組織に連れて行ってもらうと
テストとしてオキシコドンを盗むことを命ぜられますが
もちろんドーソンは情報をボイト経由で流していて
張り付いていたオリンスキーが危険な目に遭いそうになったけど
無事に達成します。

今回の潜入は一時的なものだからかもしれないけれど
バックアップがしっかりしているから安心。
一匹狼での潜入は大変だなぁとつくづく感じます。
一方姿を消したマニングの自宅を調べると
暖炉の上に大金が隠されていました。
どうやらマニングが組織の金を奪ったために
報復に遭っているのでしょう。
案の定ドーソンはマニングを消す役を命ぜられてしまいます。
その前に持っていた携帯も奪われて
特捜班とのコンタクトをとるのも難しくなっていましたが
危機一髪状態で現場に特捜班が到着。
銃撃戦でボイトは腕を負傷したものの
無事にマニングを確保します。
ちょっと気の毒だったのがクーパー。
ドーソンのことを信用していたから
もう足を洗おうと誘ってさえいたのに
ドーソンが警察の人間であることを知らされ
逮捕されてしまいます。
もちろん悪党なんだから逮捕されて当然なんだけど。

911で強盗通報があったのでローマンとバージェスが駆け付けると
強盗ではなく男性に自宅の2階を貸したところ
引きこもったまま出てこないし勝手に部屋を改造するしと
怒りの通報でした。
ローマンたちが事情を伝えるとプラットは
ちょうど署に来ていたマウチに協力を頼みます。
異職場恋愛は順調に進行中でいいね!
マウチは消防署の立ち入り検査だとして堂々と部屋の中に入っていきますが
中にいたのはDr.Houseのタウブでした。
しかもマウチが壁を壊したら、中から殺害された妻が出てきます。
これならマウチよりケイシーに行ってもらって
タウブと感動の再会?をしてもらってもよかったかも(笑)

ジンの後釜がいない状態だった特捜班に
ハルステッドは軍での仲間でハッカーのマウスを紹介します。
マウスの肩書には怪しい部分もあるけれど腕は確かのようで
ボイトはマウスを雇います。
二人には軍での過去が何やらあるみたい。
新メンバーが増えたのはうれしいことですが。

リンジーとハルステッドの職場恋愛については
リンジーの方から無理だとお断りします。
チームボイトの下では、やはり難しいでしょう。
モリーズに行ったリンジーはドーソン妹に職場恋愛について尋ねると
ドーソン妹は自分の経験を語ります。
タイミング良すぎだよね!
これがシカゴシリーズの楽しさでもあるのですが。

来週はP.D.がお休み。
どうしてなのかなと思ったら
本国ではこのエピと次のエピの間に
1か月ブランクがあったんですね。
クロスオーバーなどの関係で
日本でも調整が必要なのでしょう。
その間にボイトのけがも治るし♪

おまけ
UC Undercover時代の潜入セダッチ画像です。
uc-jake1-1.jpg uc-jake2-1.jpg uc-jake3-1.jpg
若々しいよね♪
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ