FC2ブログ

Chicago P.D. S2-#17 「本当の名前」

シカゴで国際貿易会議が開かれることに伴い
ルゼックは抗議活動を計画中の団体に潜入します。
こんな突然の潜入が役立つのかな?と不思議な感じでしたが
あまり組織に染まってない感じのシエラと
ルゼックは親しくなります。

ところがルゼックはドレスアップしたシエラが
ホテルの窓から転落死しているのを発見します。
階下にはアルゼンチンの高官ソーサをはじめとする要人たちがいて
シエラが落ちた部屋はソーサが使っていたことが判明します。
だがFBIがソーサらをがっちりガードしていて
外交特権を持ち出して事件の捜査を拒みます。
ルゼックは娼婦姿のシエラが信じられないし
まして自分から落ちたなどありえないと憤り
ボイトのモットー「この街は俺が守る」により
特捜班は独自の捜査を開始します。

必要とあらば武装し、外交官の車も止めてしまうボイト組。
ボイトとオリンスキーはソーサを捕らえるといつものバーに連れていき
奪った携帯はマウスが分析している間
ボイトはソーサがシエラに何をしたのかを問いただします。
ソーサは確かに娼婦を買ったけれど、彼女を殺していないと断言。
さらに二人が部屋にいる画像が盗撮され
暴露すると脅しのメールがソーサ宛てに届いていました。
メールの配信元は抗議団体のリーダーのビッグ・マウスでした。

資金不足のビッグ・マウスを金で釣ろうと
ハルステッドとマウスは脅迫メールを利用し
金を払うから画像をよこせとビッグ・マウスを脅すことに。
ドーソンがソーサの手下に成りすまし
金を渡すとビッグ・マウスがバイクで逃走したところを
ルゼックが必死で追いかけて体当たりして捕らえます。
前に地下鉄と競争したことがあったけど
今度はバイクとバトルですか?
ルゼック、無茶し過ぎです。
そしてボイトがソーサを捕らえた件については
情報提供をしてもらったことで内情は明かさないと約束。
ボイトがシカゴを案内したということで口裏を合わせていました。
だからFBIが文句を言いに来た時も
ボイトはシカゴ観光をしたとさらっと言い逃れます。
このアイディアはベンソンと飲んでた時にいただいた?
冒頭のベンソンとの回想シーンはここにつながっていたんですね。

ビッグ・マウスもシエラの殺人にはかかわっておらず
抗議デモが行われる中で
特捜班はデモに入り込んで黒幕を捕らえます。
今度はバージェスが大活躍。
ルゼックがシエラと親しげだったことに不安を感じていたバージェスでしたが
ルゼックとのいいコンビぶりを発揮しました。
真犯人は団体のメンバーで
殺すつもりはなかったというありがちの弁解でした。
今回はルゼックの尋問が相当ヘビーで
まるでリトル・ボイト化してました。
ボスの姿を見ていればそうなるね。

NYからハルステッドの兄ウィルがやってきます。
というわけでMedのハルステッド兄が初登場しますが
髪をぴっちりと分けていてなんだか変(笑)
NYでは外科医だったみたいだけど
Medの様子を見てると不安だよね。
しかもトラブルに巻き込まれてるようだし。
NYにいられず逃げてきたってことでしょう。
ダメダメ兄としっかり弟の関係は
この時から始まっていたんですね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ