FC2ブログ

オスマン帝国外伝 #31 「心の嵐」

無実が証明されて宮殿に戻ってきたヒュッレムは
ハティジェらの言いつけを守って
本当におとなしくなりましたね。
マヒデブランへの敬意を忘れず
本当に別人になっちゃった…訳はないと思うけど
今まで通りわめいていては墓穴を掘ることを
ようやく身をもって理解したということでしょう。

一方疫病神ヒュッレムを潰したい母后は
イブラヒムとハティジェの新居の見学に
ヒュッレムを同行させます。
その間にサドゥカをスレイマンに献上するという
なんとも危険な計画を立てるわけですが
母后も読みが甘かった!
サドゥカもあれこれミスはしてるんだけど
バレてないのが奇跡ですよね。
そしてサドゥカにとっては今度こそ
宿敵スレイマンの命を狙える
絶好のチャンスが向こうからやってきました。

イブラヒムは完全にイスラム化してはいないんですかね。
壁の装飾画を街にやってきた商人兼画家のレオに任せますが
実はレオがヒュッレムの元恋人で
ヒュッレムを探してオスマン帝国にたどり着いたのでしょう。
ヒュッレムが屋敷に来たときレオはすでにいたのですが
顔を上げるわけにいかず、お互いに気づかないままです。
運命的な最下位だったのに。

サドゥカが隠し持った短剣を出そうとしていた時
庭ではマヒデブランらがムスタファとメフメトを遊ばせていました。
ところが一瞬のすきにメフメトが池に転落。
ムスタファが困っていたのに気づいたマヒデブランが
メフメトを救い出します。
CPRの必要もなくすぐにメフメトは元気になりほっとしました。
庭の騒ぎが聞こえたスレイマンはサドゥカをそっちのけで外に出てきて
サドゥカの暗殺計画は未遂に終わってしまいました。
父の命を救った息子メフメト、よくやった!
と本人は全く分かっていませんが。

ヒュッレムは息子を助けてくれたマヒデブランに感謝。
でも自分が留守の時母后がサドゥカをスレイマンに送ったことを知り
ヒュッレムも穏やかではありません。
するとハティジェがギュルフェムに新居に来てほしいと頼んだところ
ギュルフェムは宮殿に残ることを希望したため
付き人が必要になってきました。
早速ヒュッレムは母后お気に入りのサドゥカをリクエスト。
サドゥカを宮殿から追い出してしまえば余計な心配はなくなりますが
果たしてうまくいくのでしょうか。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ