FC2ブログ

Chicago P.D. S2-#18 「信頼」

特捜班が殺人事件の現場に行くと
残されていたソースの缶からドラッグが発見され
ドラッグ強奪にかかわる事件として捜査が始まります。
被害者の男の家に行くと幼い妹が取り残されていて
家の中からボイトの名刺が見つかります。

ボイトが関与しているのは行方不明の3人目の男のようで
ハルステッドが追求してもボイトは語ろうとしません。
ハルステッドはマウスに調べてもらい
もう一人の男がいると思われる倉庫にリンジーらと行くと
いきなり閉じ込められ、火事に巻き込まれます。

またもやFireとのコラボ?と思いきや
その前にハルステッドは換気扇から抜け出してドアを開けに行ったため
みんなは逃げ出すことができましたが
その後火を消しに51分署が出動したのかは不明。
せっかくの火事?だから、きちんと消しに行ってほしいんですけど。

ハルステッドがボイトを問い詰めると
ボイトはその男の父親を情報屋として使っていて
その後は母親が無償で情報を提供してくれていたので
ボイトも母親に力を貸していたとか。

そんなわけで行方不明の息子探しにボイトは力を注ぎ
ついに母親が撃たれた息子を自宅にかくまっているのを見つけます。
ここからハルステッド兄が活躍。
実は兄の額には殴られた跡が残っていて
FireのMedお披露目エピでは跡がなくなっていたから
時間的にはこちらが先ってことなんでしょうか。
NYに帰るつもりだった兄が
Medで職を見つけた話もしてたし。
ともあれ兄は弟のアシストで
息子の銃弾2発の摘出を行います。
お兄ちゃん、またしても頑張ってるじゃないですか。
先にFireやP.D.のハルステッド兄の活躍を観ていたら
Medの観方も多少変わってきたのかな。

でも敵はきっちりと息子を追ってきて
そこはボイトとハルステッドが捕らえます。
ボイトの恨みの一発、本当に怖い!

警官を目指すナディアはパトカーに乗せてもらい
バージェス、ローマンと街に出ます。
バージェスらがパトカーを降りて不審な家を訪ねているとき
裏から怪しげな男たちが出てきたのを発見したナディアは
思わずパトカーを動かして男たちの道をふさぎ
マイクで脅しをかけると発砲されてしまいました。
気づいたバージェスらが出てきて男たちを捕らえますが
またパトカーが壊れてしまったのでプラットはお怒り。
ナディアは署長に怒鳴られへこみます。
でも警官になりたいと思うナディアをリンジーは励ましますが
もうすぐ悲劇が訪れるのを知っているのはSVUを観ているせいで
これも本当に辛いよね・・・
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ