FC2ブログ

Chicago P.D. S2-#19 「6人の犠牲者」

チャイナタウンで6人の少女が
拉致されたまま死亡する事件が発生。
中国人ギャングのリーが事件に絡んでいて
亡くなった少女の父親が娘を呼び寄せるため
リーに大金を渡していたことが判明します。
さらにリーはかつてオリンスキーが追っていたけど取り逃がした男で
オリンスキーは何とかして今度こそリーを捕らえようと躍起になります。

Fireではちょっとした事故でも消防や救急がやってきて
命を救ってほのぼのできるのに
P.D.だとどうしてこんなに激しい銃撃戦になって
平気で犠牲者が出るんでしょうね。
同じシカゴの街だと思えません。
Medはその中間あたりに位置するのかな。

MedといえばFireではMedの人たちが次々にお披露目され
ハルステッド兄はもちろんこちらでデビューでしたが
特捜班と追いかけっこした中華系ギャングの中に
なぜかDrチョイがいたのでびっくり!
コングという名の別人だったけど
みんなMedのスタート準備をしているのに
どうしてチョイだけはこんな役割??
気の毒すぎです。
顔を売ることはできたかもしれないけど、あんまりです。

ボイト流脅しはいつもながら。
容疑者の口を割らせるためには
ミシンに平気で手を突っ込ませようとするし
どこにでも遠慮なくガンガン入っていきます。
だから銃撃戦が派手にならざるを得ないかもしれないけど。

ギャングがぶっ放した流れ弾が当たって倒れた女の子を
救急車到着では間に合わないから
ローマンがパトカーで運ぼうとして他の巡査と小競り合いに。
怒ったローマンが巡査を殴り、巡査は歯が折れたと彼を訴えます。
この件に関してもボイトが相手の巡査を丸め込み。
ボイトに脅されたらやっぱり怖いですから。

ナディアは警官になるための
筆記試験と心理テストに合格。
プラットのアドバイスを受け頑張ってるのに・・・

というところで次回予告。
こちらではクロスオーバー予告があってほっとしました。
映像でもベンソンやカリシが映ってたし。
あのおぞましい事件の過程がわかるのはありがたいけれど
辛いなぁ。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ