FC2ブログ

オスマン帝国外伝 #46 「最後の手紙」

もう残りわずか・・・
毎日観るのは大変だったけど
十分見ごたえあったし、夢中で観られたからよかったです。
終わったら寂しくなるな。
すでにトルコロスになりそうで不安なんですけど。

あと2話を残すところでの感想。
ギュルニハルの悲劇、壮絶でした。
マヒデブランにストップをかけられていたのに
ギュルシャーがヒュッレムの寝室を襲いに行き
セリムを観ただけでベッドの中を確認もせずに
グサグサと刺してしまったのが大きな間違い。
ギュルニハルは何とか生きてたけど
意識不明状態が続いてますよね。
当時の医療技術で救うことができるのでしょうか。

子守のエスマが気づいて大騒ぎ。
ギュルシャーは自分のミスに気づいておたおたし
マヒデブランに問い詰められて自白すると
今度はマヒデブランがブチ切れてギュルシャーをぼこぼこに殴り
ふらふらになったギュルシャーを何とかしようとしたらぶっ倒れてしまったので
マヒデブランは階段から落ちたと嘘をつき、ギュルシャーは運ばれます。
でも顔の傷を観れば嘘なのは明らか。
皮肉にもギュルハニルとギュルシャーは隣に寝かされ
ギュルシャーは最悪気分ですよね。
そこにニギャールが真実の追及に。
ギュルシャーの首を絞めながら脅しをかける姿が
ほとんどボイト状態でした!
ニギャール怖いぞ♪

ヒュッレムは自分が襲われていたかもしれないと大騒ぎ。
ますますスレイマンに甘えられますよね。
そして最悪の立場のマヒデブランは自暴自棄になって取り乱し
その姿をムスタファが見ていて心配します。
子供の前ではしっかりしなきや!

怖いニギャールはマヒデブランをも脅すことになり
マヒデブランは早速口封じを。
スレイマン付きの女官になれることを約束し
マヒデブランは母后にその旨を頼みます。
ニギャール、うまくやったじゃないですか。

ベネチア元首の息子アルヴィーゼが接触してきて
スレイマンはお気に入りの様子。
その結果歴史が動き始めています。
ヴァチカンやらフランスやらの話を聞くと
そういう時代だったんだなと横のつながりが見えてきました。
ティツィアーノの絵が出てきたのも感激です。

そしてレオはスレイマンの肖像画が仕上がり
国に帰ることを決意。
その前にヒュッレムに一目会いたいと手紙に書き
ニギャールに言づけたのが間違いのもと。
ニギャールはロシア語?が読めちゃうから
秘密が保持できず。
早速ニギャールはイブラヒムにチクりに行き
イブラヒムはヒュッレムとレオの関係に気づきます。
一方人のよすぎるマトラークチュはすっかりサドゥカにだまされ
せっせとハンガリーに情報を送る手伝いをしてますが
これも今に大ごとになるはず。

残り2話、楽しませてもらいます!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ