FC2ブログ

オスマン帝国外伝 #48 「死の宣告」

もったいなくてなかなか観られなかったのですが
意を決してシーズンラストエピを視聴しました。
ここまで強烈なクリフハンガーだったとは!
心配事山盛りで、気になって仕方ありません。

イブラヒムは鬼だった!!
ここにきて本領発揮?
この姿をハティジェが見ていたらどんな反応をするのか気になりました。
レオは幽閉されたまま。
イブラヒムはレオに近づき
自分がすべて悪い、ヒュッレムは関係ないと懇願するレオに
ヒュッレムを助けるためだからと二人の関係をすべて聞き出してしまいます。
ここでヒュッレムの弱みを握ったイブラヒムは
後はヒュッレムを追い出すだけです。

イブラヒムはレオを隠していることは内緒で
屋敷にグリッティと妹を招き
スレイマンとヒュッレムも呼んで食事会を開きます。
我が獅子を招いている食事会なのに
結構簡素なんだなと
ダウントンに影響されすぎですね(苦笑)
西洋式も違和感なんですけど
テーブルが小さく感じられました。
そこでお披露目されたスレイマンの肖像画の隣にはヒュッレムはおらず。
レオが切って持ち出してしまったからですが
きちんと1人用額に収められ、何事もなかったように飾られていました。
スレイマンがレオについてイブラヒムに問いただすと
レオはルテニアへ帰るとイブラヒムは答えますが
その時の返答で二人の関係が知られたと悟ったヒュッレムは焦ります。
宮殿に帰ってきてからは悪夢にうなされ、ぶっ倒れますが
体調不良の原因は妊娠でした。
本当に次々によく生まれるよね。
妊娠報告を母后は歓迎しますが、マヒデブランは生気を失っていました。
マヒデブラン、辛すぎます。

ヒュッレムはイブラヒムと話をしようと思いましたが
屋敷に来るように命ぜられ、ニギャールと一緒に屋敷を訪ねます。
そこでイブラヒムはヒュッレムとレオを対面させ
ヒュッレムがスレイマンを愛していると主張し
レオがヒュッレムは関係ないと訴えても
イブラヒムは規則だからとヒュッレムを消す気でした。
ヒュッレムはせめて子供たちはと懇願します。
するとイブラヒムは砂糖菓子(これってターキッシュ デライトですよね)を盛った皿の上に
強力な毒薬をたっぷりかけます。
そんな危険な毒薬を簡単に扱いすぎ!と突っ込みたくもなりますが
その毒薬入り菓子の皿をヒュッレムに預け
イブラヒムは出ていきます。
毒入り菓子を目の前にして
震え嘆くヒュッレムと、おろおろしているレオ。
いったいどうするんだ?

そのころスレイマンがイブラヒムの屋敷に戻ってきて
外のテントで一休みしています。
一応護衛は二人付いていたけど
国からの手紙で、今こそスレイマンを倒すべきだと促されたサドゥカは
飲み物を載せた盆の下にナイフを隠し
飲み物をスレイマンに渡した後、のどにナイフを当てます。
護衛たちは固まったまま。

こんなとんでもない事態でクリフハンガーでした。
早く先を見せてくれないと困ります!
サドゥカはあっさり捕らえられ
ヒュッレムとレオはうまく解決策を探るのではと願いたいですけど・・・
ちょっとうれしかったのはギュルニハルが順調に回復していること。
彼女には元気になってもらわなくては!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ