FC2ブログ

Chicago Fire S3-#23 「勇気ある抵抗」

S3ファイナル。
あっという間にここまで来てしまいました!

ケイシーの潜入捜査の件は
ミーティングルームにいた男がケイシーの携帯を調べたけれど何もなく
ケイシーは疑われることはありませんでした。
でもケイシーは腹を立てて、ネスビットとのかかわりを断とうとします。
外で張っていたボイトらは、無線が切れたことに不安を感じていましたが
実はケイシーが危険を察して先に盗聴器を携帯から抜いていたから。
なるほど、ケイシーは訓練を受けていなくても
潜入捜査の際自己判断で命を守れましたね。
消防士にしておくのがもったいない?

はしご隊と救助隊の関係は最悪。
ガス漏れの通報で駆け付けた時も
ケイシーは建物の爆発の恐れがあるから
ガス会社がガスを止めるのを待ってから中に入るべきだと主張したのに
セブライドやライスらは勝手に中に入っていき
爆発直前に中にいた人を救い出せたけど
危機一髪状態でした。
ボーデンはチームの連携ができていなくては
安全を守れないと悩みます。

セブライドは独自に捜査を開始。
ライスがマスクを修理に出していたか尋ねに行くと
出してないことが明らかになります。
セブライドは何故ライスがうそをついたのか問いただすと
妻を失ったライスは、自分にもしものことがあったら息子が一人になってしまうと
息子のことが心配で、活動に全力で取り組めていなかったのでした。
セブライドに本心を告白したライスは署を去ることを決意します。
そしてライスが抜けた穴は
救助隊への異動が許可されたクルースが務めます。
何も知らなかったオーチスはびっくり。
いつの間にクルースは勉強していたのか
でもクルースが異動することで
オーチスははしご車の運転を任されます。

人身売買組織を挙げるためには
ケイシーの潜入が必要。
ボイトはボーデンに正式に要請に行きます。
こうしなきゃダメだよね。
ボーデンもその必要性を理解し、ケイシーに許可を出します。
元身内がかかわる事件ですから、責任もあるし。
ところがこのやり取りを、ネスビットがこっそり見ていました。
さすが、立派な悪党です。

水辺の倉庫で大火災が発生。
他の署が救助活動をしているところに
51分署も加わります。
炎の中に入ったドーソンが出て来ず
セブライドも姿を見せません。
ケイシー不在でボーデンがケイシーの代わりを務め
自ら様子を見に中に入っていきます。
その時他の署の大隊長が放水を強めるように指示を出しますが
クルースがまだ中で救助活動をしているからと
体を張って放水を阻止します。
しばらく小競り合いが続き、大隊長は命令を強行。
放水が強まった時、3人が無事に出てきました。

後で誰が命令に背いたか追及されますが
クルースとオーチスが互いに自分がやったと主張。
そのうち誰もが自分がやったと言い出し、収拾がつかなくなります。
ようやく51分署の連携体制が元に戻ったね。

チリが大枚をはたいて実現させようとしていたチリーズは
チリの父親が商品化させようとしていたシャンパンの冷却装置で
ようやく商品化できそうな運びとなりました。
喜んでいたのもつかの間、ほかのメーカーに先を越されてしまいます。
チリが落ち込むと、ハーマンが励まします。

モリーズでみんなで飲んでいた時
体調が悪いドーソンはもしやと検査をしたところ
妊娠が判明します。
ケイシーと連絡を取ろうとしますが電話はつながらず
ケイシーの家へ行ったら室内が荒らされ
カティアが出血して倒れていました。
ケイシーは行方不明のままです。

ほっと安心したところで、やはりクリフハンガーでしたが
またケイシーは首尾よくこの場を切り抜けるのではと期待しています。
そういえばモリーズで話しているうちに
勢いに乗って寝てしまったブレットとローマン。
まさかのクロスオーバーカップルの再登場ですか?
この二人は意外だったけど、案外いい感じかも(笑)
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ