FC2ブログ

Chicago P.D. S3-#3 「籠城」

混雑している21分署の受付に
行方不明の娘サラを探してほしいと男が頼んできます。
プラットはサラが18歳だと聞いて失踪扱いできないと話すと
怒った男はちょうど受付に来ていたマウスの額に銃口を向け
マウスを人質にとって立てこもります。
ボイトはサラを探すと約束し
すぐに特捜班は動き始めます。

父親ジェフは地元警察で相手にされず
サラのクレジットカードがシカゴで使われていることがわかり
シカゴに捜しに来たのでした。
まずクレジットカード情報を調べていくと
そのカードでテレビを5台買ったことが判明。
買った男は車から盗んだカードだと説明し
今度は車をたどり該当する家にたどり着くと
なんだか怪しい雰囲気。
踏み込んでいくと留守で
しかし中で女性が二人監禁されているのが発見されます。

女性を救出し彼女を監禁した男について尋ねると
イケメンのその男はSNSで知り合った女性をシカゴに迎え
そのまま連れてきて売春組織に送っているようです。
次の女性が到着するのがわかり、特捜班はバスターミナルで張り込み
男を逮捕するとまたボイト流脅しで組織について吐かせます。

その間署ではジェフがずっとマウスに銃を向けたまま。
だがマウスは極めて冷静です。
どうしてこんなに落ち着いているのかなと不思議な気がしたら
彼は元兵士でした。
ジェフも元兵士で互いに共通する部分もありました。
外ではSWATが待機していましたが、撃つ機会がなく
そのうち救出された女性が署に来て、サラが無事なことをジェフに伝えます。
ジェフが女性に近づいた隙にマウスが銃を取り上げ
ジェフは大人しくなりました。

組織を捜索していると、銃を持ったサラが組織の男を撃って逃走したことが判明。
電車に乗ったサラは銃を持ったままぼーっとしていました。
乗客を降ろしてからリンジーが近づいて説得を開始。
だが自暴自棄になったサラは自殺しかねない様子です。
ボイトとはすぐにジェフを連れてきて父子が対面すると
サラもようやく落ち着きました。

銃口に動じないマウスがかっこよかったんですけど
さらに銃弾も抜いていて
ジェフが持っていた銃は空砲だったとボイトに報告します。
これでジェフの罪も軽くなります。
マウスはジェフを信じていたから
ギリギリまで行動に出なかったとハルステッドに言ってたけど
かつてはハルステッドと同様に戦っていたんだから
デスクワークにとどまっているのがもったいないような気もします。

Fireに続いてまたしてもハルステッド兄とチャールズが登場。
チャールズはリンジーのカウンセリングを担当していました。
さらにハルステッド兄は今週のMurder in the Firstにも出てきて
いきなり逮捕されていたのでビックリ!
活躍し過ぎなのも考え物です(苦笑)

バニーが15年前のベケット事件の件で
ボイトがうその証言をしたと訴えた件で
リンジーが止める前にバニーはベケットの弁護士に証言を済ませていたので
ベケットは急きょ釈放されます。
その後ボイトがジャスティンや孫と食事をして
ジャスティンたちが車に乗り込もうとしたら車が爆発。
きっとベケットのリベンジなのでしょう。

ミシェルはドーソンのボクシングジムに来てボクシングを始めますが
オリンスキーが家族にミシェルの話をしたとたん
また最悪の展開となってしまいました。
今度こそガレージ生活では済まないのでは?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ