FC2ブログ

Eyewitness #5 「歪められた真相」

ルーカスは秘密を隠してることにものすごいストレスを抱え
不安定になっています。
バイクに乗っていても気がまぎれず
精神安定剤に手を出そうとしますが入手できなくて
金が必要になります。
フィリップに相談するけれど、フィリップは薬には否定的。
ルーカスは自宅の納屋で売れそうなものを物色し
使っていない父の時計を見つけて質に入れますが
父は質屋から連絡を受け時計を取り戻すと
祖父から譲り受けた由緒正しい時計を何故売ろうとしたのか追求。
ルーカスは金が必要な理由について、ローズの中絶費用だと嘘をつきます。
フィリップのことで疑われるのをとにかく避けたくて必死です。

父はルーカスが女の子を妊娠させちゃったとしても気にしないんですね。
でも息子がゲイだと知ったら許せないのか。
実はフィリップが隠し撮りした時も、ルーカスはローズとヤッてなかった。
フィリップのことが好きだからと、フィリップにはっきり伝えています。
ルーカス、切なすぎる。

父はルーカスを鹿狩りに連れていきますが
今までは普通に銃を撃てたのに
鹿の姿を見るとルーカスは固まってしまいました。
そこはルーカスとフィリップが銃を捨てた水辺で
底に沈んだ銃を見つけたルーカスは
急いでその場を去ろうとします。
そして今度はフィリップを連れてくると
意思をどんどん投げ込んで銃を隠そうとします。

ヘレンとゲイブはフィリップの母が更生施設に入れば
息子に会わせることを認めようとしますが
母はすぐにフィリップに会いたいと
タクシーに乗って二人の家に来てしまいます。
ヘレンは拒絶しようとしますが、ゲイブは許し
フィリップと母は辺りを散策します。
するとルーカスが一人でベンチに座っていて
母も気づき話をすることに。
フィリップは母にだけルーカスとの関係を話しているから
唯一の理解者ということなんですね。
しかし今ルーカスは薬がほしくてたまらなく
一方薬物依存の母をフィリップは立ち直らせたい。
その後でフィリップは母に更生施設に入るよう約束し
持っている薬を取り上げます。
まさか、この薬をルーカスに譲る展開?と
ルーカスもそれを期待していたようだけど
フィリップは処分したと断言。
さらにフィリップは殺人事件があったときルーカスが小屋にいた。
自分も事件を目撃していたとヘレンに告白します。
これ以上隠しているわけにはいかないと感じた
フィリップの苦渋の決断でしたが
ルーカスはさらに追い込まれることになるのでは?

ベラが自殺ではないと考えるヘレンは
現場を検証してベラが自分で鉄塔に上っていないことを確認します。
そして他殺の証拠を得るために解剖の必要性をミトハットに申し出ますが
ミトハットは激しく拒絶。
ヘレンは裁判所命令を取ってミトハットを納得させます。
ベラの体内から犯人のDNAが検出されたら困るのはライアン。
この件はFBIが担当すると、すぐに解剖をさせてくれません。
せっかく目の前にミトハットがいたのに。
さらにベラの体内から検出されたのはミトハットのDNAだと
ヘレンにはとても信じられない判定結果を持ってきます。
一方シーターは組織からミトハットを消すよう銃を持たされ
ミトハットを撃ってしまいました。
話がどんどん複雑になってくる…
ライアンはどんな手でも使ってくるし。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ