FC2ブログ
Top Page › This Is Us › This Is Us S1-#9 「家族旅行」

2017 · 12 · 04 (Mon) 20:50

This Is Us S1-#9 「家族旅行」

感謝祭が終わってもランダルはレベッカへの怒りを抱えたまま。
レベッカに言いたい文句を書き連ねたリストを作っています。
ケイトは子供のころ家族で過ごした山小屋をレベッカが売却しようとしていることを知り
ケヴィンとランダルを誘って山小屋へ行ってみることにします。
ところがケヴィンはオリヴィアだけでなく
劇作家のスローンとオリヴィアの元カレのアッシャーまで連れてきてしまいました。
アッシャーは冷蔵庫にマイドリンクをしまっておきましたが
それをランダルが飲んでしまったので大変。
マイドリンクにはマジックマッシュルームが入っていたので
ランダルのトリップが始まります。

タイトルの「The Trip」
ピアソン家の家族旅行と、ランダルのトリップが掛けあわされているのかな。
ランダルはトリップしている間に
山小屋の屋根を修理しているジャックに出会います。
現実ではありえない、今のランダルとジャックが会話をするシーンが続き
ランダルはジャックからレベッカの辛い状況を聞かされます。

過去の話。
9歳のランダルは、黒人の家族に出会うと
自分の親ではないかと気にかけ声をかけていました。
他の子供たちと同じように愛情を注いできたはずなのに
悩んでいるランダルに対し
ジャックは探偵を雇って本当の親を探した方がいいのではと言い出しますが
ウィリアムのことを黙っていたレベッカは却下。
ジャックは黒人の子供たちが通う空手道場に
ランダルを入門させます。
そこで最初のトレーニングが、父が息子を背負っての腕立て伏せ。
父親が息子を刺させていかなければならないことを
体で証明させられたのでした。
レベッカも不安を抱える中で
家族を守っていこうとジャックは決意を固め
レベッカはウィリアムに、ランダルにはジャックという父親の存在があることを手紙で伝え
ランダルのことを気にかけているウィリアムと
きっぱり決別したのでした。
この決意は正しかったと思うけど
ウィリアムの存在はジャックに知らせておくべきだったのかな。
どうなんだろう。
ジャックが知らなかったからこそ、父親としての責任を果たそうとさらなる努力ができたのか
ランダルに知らせるかどうかは別問題として
やはり夫婦で考えていくべきだったのではとちらっと感じてしまいました。

ランダルにはジャックとレベッカの思いが少しずつ分かってきて
クリスマスにはレベッカに会おうという気持ちになってきます。
一方ピアソン家の伝統行事が気に入らないオリヴィアはアッシャーと親しげな様子で
ケヴィンは面白くありません。
ケヴィンは腹を立て、オリヴィアとアッシャーは帰ってしまいました。
残されたスローンが今度はケヴィンといい関係に。
この切り替えの早さはケヴィンの才能?
そしてケイトはトビーと距離ができてしまってるようだけど
大丈夫なのかな。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-12-04

Comments







非公開コメント