FC2ブログ

Eyewitness #10 「喪失と再生」

犯人がライアンだと気づいたヘレンは
病院の出入り口を閉鎖するようトニーに指示。
院内に隠れているフィリップとルーカスを探します。
二人は見つからないようにこっそり脱出。
ライアンも車に乗って出ていきます。

フィリップは追跡できないように携帯の電源を切り
ルーカスを連れて徒歩で逃亡しますが
モーテルを見つけたのでその中へ避難。
ようやく安心した二人は愛し合います。
フィリップはヘレンに電話して居場所を伝えますが
アンから施設を出て自宅に帰ったので来てほしいとメールが来ていたので
ヘレンが来る前にモーテルを出ることにすると
ルーカスも一緒についてきます。

だがこれはライアンの罠。
二人を取り逃がしたライアンは施設のアンに会いに行き
彼女を脅してヘロインを打ち
携帯を奪ってフィリップにメールしていたのでした。
アンが倒れているのが発見されますが
オーバードーズで死亡。
ヘレンはライアンの行方を追います。

FBIは船着き場で麻薬組織の検挙の準備が整い
彼らが使っていた倉庫を引き上げます。
ヘレンが探しに来たときはすでに空っぽでした。

ライアンはアンの家に先回りして
二人が来るのを待ちます。
そしてフィリップとルーカスが入ってくると
二人を捕らえて車のトランクへ入れ
船着き場に向かいます。

FBIの作戦をヘレンも分かっていたので
ルーカスを追って船着き場へ。
FBIは作戦を実行
ライアンも二人を乗せた車を発車し
ヘレンはライアンを追います。
だが道は行き止まりで
ライアンは出血しているルーカスをトランクに残して
フィリップを人質にして橋へ向かいます。
ヘレンとトニーはルーカスを発見
ヘレンはそのままライアンとフィリップを探します。

銃口をフィリップに当てたライアンと向き合うヘレン。
ヘレンはバッファローで何があったのかを話し始めます。
現場にいた赤ん坊を抱いてクローゼットに隠れたヘレンは
赤ん坊が声を出して居場所を知られないよう必死で赤ん坊の口を押えてしました。
犯人には知られなかったけど、気がついたら赤ん坊は窒息死していて
それがずっとヘレンのトラウマとなっていたのでした。
同じ苦しみを抱えていたライアンとヘレン。
ライアンはフィリップをヘレンに返しますが
一対一で銃を構えた時、ヘレンがライアンを撃っていました。

こうして事件解決。
フィリップはアンの死から立ち直り
ゲイブとヘレンの家に荷物を持ってきます。
ボーは息子がゲイだと知ってショックを起こしていましたが
ゲイブの言葉も受け入れます。
そしてフィリップとルーカスはバイクで出かけていきます。

全10話、集中して楽しめました。
ヘレンもゲイブも馴染みがあったし
反発するフィリップを受け入れていこうとする
ゲイブのキャラクターが素敵でした。
ライアンはあのFireのライスがこんなことを!と驚きだったけど
見事な二重人格ぶりが見応えありました。

そしてフィリップとルーカスの恋。
海外ドラマのゲイのキャラクターって
もっとごっついイメージだったので(BKの影響?…笑)
こんなに繊細な少年たちの恋愛を追っていくことが新鮮でした。
フィリップがルーカスを目覚めさせ
でもルーカスは保守的環境から抜け出せず
やっとフィリップを受け入れることができたのは
ラストエピだったんですよね。
これでルーカスが堂々とカミングアウトするかどうかはまだわからないけど
二人のイケメン君がこのドラマを支えてくれたことは確かです。

ここまで大きな感動があると
オリジナルノルウェー版が観たい!
北欧ドラマに強いスパドラですから
オリジナルも是非オンエアしていただきたいものです。

eyewitness10-1.jpg eywitness10.jpg
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ