FC2ブログ
Top Page › Chicago P.D. › Chicago P.D. S3-#11 「傷ついた家族」

2018 · 01 · 20 (Sat) 10:16

Chicago P.D. S3-#11 「傷ついた家族」

深夜、家族が寝静まっている家に3人組の強盗が入り
朝起きるとティーンエイジャーの娘キャロリンがレイプされていることに気づきます。
家の中にはガスが充満していた形跡があり
ボレッリが調べたところ笑気ガスが撒かれていました。
それで両親は強盗に気づかず、キャロリンも覆面の人物を見たものの
記憶はあいまいになっていました。

特捜班は捜査を開始。
笑気ガスの出所を探るうちに
ガスを扱っている男にたどり着きます。
男の証言からクラブのパーティーで取引されることが判明し
リンジーとハルステッド、ルゼック、アトウォーターはクラブに潜入し
容疑者と思われる男を見つけ追いかけます。
男は逃げ出しますが、その時ヘロインの過剰摂取で女性が倒れて混乱。
何とか取り押さえた男スペンスは容疑を否認します。
その時大学の寮で女性がガスを吸わされレイプされたという通報が入ります。

リンジーは被害者の大学生タウニーに事情を聴くために
Medに行きます。
容疑者としてスペンスの写真を見せるとタウニーは否定。
スペンスの容疑は晴れ、釈放されます。
その後タウニーが退院したので
リンジーはさらに事情聴取をしようとしてタウニーに連絡しますが
彼女は電話に出ません。
GPSを検索して居場所を突き止め
リンジーは一人でタウニーを探しに行きます。
その時署ではリンジーが言った先はスペンスたちが共同生活をしてる家だと突き止め
すぐに応援を送ります。
タウニーはスペンスの恋人で
スペンスを救うためにレイプ事件をでっち上げていました。

リンジーがタウニーに容疑者と思われる人物の写真を見せると
スペンスともう一人の男が現れリンジーを拉致します。
男はガスを吸って、リンジーをナイフで脅そうとしてる所に
特捜班が乗り込み、ハルステッドが男を撃ちます。
スペンスは逃げ出しますが、間もなく捕らえられ
タウニーと共に逮捕されます。
悪態をつくタウニーを、リンジーは殴ります。

ボイトのかつての仲間エディの釈放が決まり
ローマンとバージェスは迎えに行かされます。
その後ボイトはエディの家族の食事に招かれますが
エディは情報提供者としての報酬を期待するそぶりを見せます。

プラットはマウチとの結婚式の準備を着々と進めています。
Fireでマウチは結婚はまだ先みたいなことを言っていたのに
二人の間に温度差がある?
プラットは父親とマウチと三人で食事しますが
その席で父は破産して金がないことを告白。
プラットが夢見たウエディングの実現は難しくなってしまいました。

またもやSVUが担当しそうな事件。
犯人の3人組は金欲しさにガスを用いた強盗を思いついたようですが
キャロリンへのレイプはさらに許せないこと。
タウニーが被害者だと信じ同情してしまったリンジーが
怒りを爆発させるのも当然です。
キャロリンの父親も何故気づかなかったのかと強く後悔してたし
痛々しい事件でした。

そしてハルステッドの言う通り
リンジーの単独行動はまずかったですね。
すぐに怪しいと気づいてもらえたからよかったけど
危うく命を落とすところでした。

MedではFireに続いてチョイが対応。
今週はチョイが大活躍です。
ハーマンもモリーズで普通に働いていて
回復が早くて本当によかった!!
この回復ぶりはFireを観ていないと
驚異的過ぎて驚くでしょう。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-01-20

Comments







非公開コメント