FC2ブログ

This Is Us S1-#15 「ジャックの息子」

減量合宿でケイトはデュークの部屋に近づくと
出てきたデュークに自分の考えをきっぱりと伝えます。
そしてデュークの今の暮らし方を非難すると
デュークは両親がこの施設のオーナーだと反論します。
デュークにとってはこうするしかなかったんだね。

その後ケイトはトビーに会いに行き
トビーがケヴィンの部隊の初日に着ていくジャケットを選ぶのに付き合います。
その間二人の間に秘密はないことにしようと
トビーは自分の過去を話し出します。
離婚の後の自殺未遂やうつで苦しんでいた時のことも
トビーは隠さずに話しました。
そしてトビーはそのお返しに
ケイトにジャックの死に直面した時のことを聞き出そうとしますが
ケイトはまだ話す準備ができていませんでした。
この部分は是非聞きたかったけど、まだ教えてもらえないんですね。
いつかケイトの気持ちの整理がつくことを待っています。
そしてトビーはケイトが話せるようになるまで
結婚を待つことにします。
お互いを理解し合うにはそれも大切かもしれません。

ケヴィンはソフィーとゆっくり寄りが戻りそうですが
舞台に立つことへの不安でいっぱい。
インタビュアーも意地悪な質問しかしないから当然ですね。
ケヴィンは実家に帰ってレベッカのアドバイスをもらおうとしますが
レベッカは外出していてミゲルしかいませんでした。
ケヴィンの様子を見たミゲルは、
かつてミゲルが不安を抱えているとジャックが支えてくれた。
そしてケヴィンの中にジャックの姿が見えると勇気づけてくれます。
どうもミゲルと距離のあったケヴィンだけど
ミゲルの励ましは役立ったみたい。
ケヴィンはレベッカを待たずに舞台に向かいます。

ランダルは大事なプレゼンの用意ができていないことに加え
ウィリアムの調子は悪いし
ベスの母親が腰の骨を折ったためベスは急遽実家に帰るし
大忙しのところいケヴィンの舞台もありパニック状態です。
それでも看護師に来てもらい出勤しますが
ウィリアムはわがままを言って看護師を困らせ
ランダルは途中で帰宅します。
ウィリアムの体調は日増しに悪くなり、本当につらそうな様子。
ウィリアムをなだめ会社に戻るとプレゼンの時間が早まっていて
全然準備ができず、結局サンジャイのフォローに救われます。

レベッカがツアーに出ることを決意し
ジャックは子育てを全面的に支援するつもりでいました。
バレん対デーの夜、ジャックはミゲルと一緒にライブを見に行きますが
レベッカの歌を聴いていて複雑な気分。
その後毎年恒例のレストランでディナーの予定でしたが
ジャックはベンの口から、
かつてレベッカとベンが付き合っていたことを聞かされ愕然とします。
レベッカは一言も触れていなかった。
ジャックは食欲がなくなり、二人は帰宅。
レベッカにベンのことを尋ねると、付き合っていたのは短期間だし
大騒ぎになることが分かっていたから言わなかったと説明します。
そこから二人の言い争いがスタート。
レベッカは自由を要求します。
ジャックは一人レストランでディナーし、酒を飲んでしまいます。
その頃ケヴィンとソフィーは初体験をすませ
ランダルは論文が書けずにパニックを起こし
ジャックが落ち着かせていましたが・・・

ケヴィンの舞台が始まる前、ケイトとトビー、レベッカとミゲルは来てくれたのに
ランダルの姿がありません。
ランダルはケヴィンに電話して、舞台に行けないと告げますが
その生気を失った声にケヴィンがピンと来て
舞台に上がらずにケヴィンの会社に向かいます。
そして隅っこで縮こまっていたランダルを抱きしめるのでした。

ミゲルにジャックが中にいると言われたケヴィンが
パニックを起こしているランダルに対し
ジャックだったらどうするかを考えて行動していたのが素晴らしい。
本当に素敵な兄弟です。
でも初日をダメにしちゃったケヴィンは
どうやって取り返すのかな。
なんとか頑張ってもらいたいです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ