FC2ブログ

Queen of the South S12-#8 「新参者」

原作の「ジブラルタルの女王」を入手して半分ぐらい読み進めましたが
原作とドラマは相当違います。
テレサとエピファニオは出てきますがカミラはいないし
グエロはさっさと死んで生き返りません(多分)
そしてテレサはまさにジブラルタルで、麻薬取引にかかわっていきます。
だから今回のエピでテレサがグエロに「スペインに行きたい。」とつぶやいたのは間違いではないんですけど
ドラマの流れではいつテレサがスペインに行けるのは謎のままですね。

そしてまた別の話題。
Huluで始まったTUT(ツタンカーメン)を観始めたら
ジェームスがツタンカーメンの側近のカーという役で出てきて
ラテン系麻薬密売人がいきなり古代エジプト人になってしまったので
本当にビックリしました。
あの古代エジプト人特有のばっちりアイメイクをしてると
まるで別人ですから!
でもそれはそれで素敵なのでOKですけど(笑)

コールから情報を得たカミラは
その道の大物デヴォンとコンタクトを取ろうとします。
でもデヴォンは相手にしてくれません。
そこでカミラはテレサとジェームス、グエロ、ポテをシカゴに送り
ドラッグの販売ルートを作らせようとします。
その際カミラはテレサに
シカゴでグエロと縁を切るよう命じます。

バーでターゲットと接触し、幸先いいスタートが取れたかと思いきや
麻薬の輸送は予定通り進みません。
とりあえずジェームスとポテが動いている間
テレサとグエロはホテルで二人だけの時間を楽しみますが
そこにもデヴォンの部下が追ってきます。
ジェームスとポテが戻ってきて4人は逃げ出しますが
ジェームスが捕らわれの身に。
しかもエル・サントのドラッグがシカゴで動いている情報がDEAに入り
DEAのロヤとコルテス大佐がジェームスに近づいてきます。
でも大佐はジェームスを自分側に引き入れようと脅しをかけ
ジェームスが従わないので痛めつけますが
その様子をロヤが阻止してもめていると
その間にグエロがジェームスを救い出し
4人は何とかその場から逃げ出すことができました。

その間エピファニオは心臓発作を起こして倒れ
カミラが見舞いに来るけど
最後はまたしても壮絶なバトルになります。
そしてカミラはついにデヴォンとの接触を果たしますが
テレサは黙っていたけどポテに組織から離れるよう聞かされたグエロは
自分はやるべきことがあると、テレサに別れを告げます。
確かに組織にとってグエロは裏切り者かもしれないけれど
今回だってジェームスの命を救っているし
絶対役立つと思うのに…
一度は死んだはずなのに蘇ったグエロですから
またしても蘇りはありかなと信じていますが
この先どうなることやら。
毎週ヒヤヒヤ状態で楽しんでいます。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ