FC2ブログ

The Night Shift S4-#6 「絆と孤独の夜」

TCはトファーの遺品を引き取るためにいったん帰国。
ジョーダンとケインは規則を破ってベッドの中にいました。

ドリューとケニーが退役軍人サポートのジムでトレーニングをしていると
マックが負傷して退役したロックという男を連れてきます。
どうも怪しげな感じのロックだけど格闘技の経験があるということなので
ドリューはケニーと組ませますが
ロックがケニーに掛けた首絞め技でロックは動けなくなってしまいます。
慌ててドリューはロックを引き離し顔にパンチ。
足の感覚がなくなってしまったケニーはサンアントニオに運ばれます。

ホテルで火災の通報があり
ケインとシャノンが現場に向かいます。
非番だった消防士のテッドはホテルに入りメイドを救い出しますが
心臓発作を起こして倒れ救出されます。
自力で逃げ出したイジーは
妹のナヤが中にいるとケインに訴え
ケインはナヤを探しに炎の中へ入っていきます。

ついシカゴシリーズと比べてしまうNight Shiftだけど
研修医が装備も持たずに火災現場に入っていこうとしたら
ボーデンは絶対怒るよね。
サンアントニオの消防チームは何をやってるのか
事故現場が出てくるたびに謎が膨らみます。

ケインはナヤを見つけ、自分もほぼ無傷で炎から脱出します。
ほとんどスーパーマンな動きもまたあり得ないんですけど(苦笑)
テッドもナヤもサンアントニオに運ばれます。
テッドの娘はジョーダンが出産に立ち会い
妻のこともよく知っています。
テッドは危険な状態で、
自らを犠牲にして救出活動を行ったテッドのために
ERでは家族のための募金が始まります。
一方11歳のナヤの様子はどうも変。
子供なのに薬物を使用しているようだし
さらに検査を進めていくとありえないことばかり
シャノンはケインに内緒でこっそり検査を増やし
ナヤが淋病にかかっていることを突き止めます。

ケニーはステロイドを打たれますが
足の感覚がなく、そのうち手の指も力が入らなくなります。
でも意識ははっきりしてるから
ドクターの言葉は全部理解できちゃうんだよね。
だから自分がどういう状態かわかるし
治療についてもいちいち口出ししたくなります。
面倒な患者かも。
排尿したくなっても仲間に診てもらうことは嫌。
でも偶然泌尿器科のドクターのポールの姉がサンアントニオに来ていて
その問題をあっさり解決してくれました。
ドリューはロックに怒り心頭。
ロックもCTを取る必要があって病院にいるけど
一触即発状態でした。
ドリューはロックの病歴を調べ
彼が精神科にかかっていたことを知って
マックに文句を言います。

ナヤの状態が悪くなり緊急手術が必要になるけど
イジーは親と連絡を取ろうとしません。
シャノンが状況を察してイジーに尋ねると
二人の辛い現実が明らかになります。
イジーの父はドラッグで死亡、母も依存症で
捨てられた状態のイジーを拾ってくれた人物は優しかったけど
イジーは売春をさせられることになります。
さらに幼いナヤも連れてこられて
小児性愛者に利用されていました。

イジーの言葉を裏付けるために
ホテルの廊下の監視カメラの画像をチェック
(よく火災現場から持ち出せたね・・・と再び謎)
娘のおむつを買うために出たと話していたテッドは
ナヤを買うためにホテルに来ていたのでした。
火災現場のヒーローは一転して小児性愛者のレッテルが貼られ
容体が安定したところで逮捕されます。
シカゴにもいろいろな消防士がいるけれど
これはまたボーデンが嘆きそうな結末でした。
ナヤの本当の親が見つかり
シャノンはテッドのための募金をイジーに渡し
自立に役立てるよう促します。

脊髄損傷で動けなくなるのではと嘆いていたケニーでしたが
問題なく手足が動き始めました。
帰りがけにドリューはマックに謝りますが
その直後にロックがマックに近づいてナイフで刺し
マックは倒れます。
がん治療の効果も出てきて
生きる希望を持ち始めていたところだったのに。
このドラマ、相変わらずラストシーンが残虐すぎです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ