FC2ブログ

ER「重症患者」

どうしてアビーばかり目立つんだろう。
ウザビー復活!

というわけでアビーが救急車の到着を待つために外へ出たら
急に車がER前に乗りつけ、アビーはさらわれてしまいます。
中にはギャングの兄と従兄弟、まだ子どもの弟の3人が乗っていて
撃たれた兄を助けろと、従兄弟はアビーを銃で脅します。
アビーが病院に連れて行って手術しないと助からないと言っても
警察に追われてるから病院には行きたくない、車の中で何とかしろと
彼らはアビーを脅し続けます。
ドラッグストアでとりあえず必要なものを調達し
揺れる車の中で縫合しますが
それで内臓破裂が収まるわけがない。
おまけに腹が減ったと彼らは途中で食べ物を買い込むし
そんなことをしているうちに、兄の呼吸は停止してしまいました。
アビーが必死に人工呼吸と心臓マッサージを始めると
こりゃまずいと彼らもやっと気づいたようで
アビーに手を貸すようになります。
だが兄は助かりませんでした。
アビーは次は自分の番かとヒヤヒヤしどうしでしたが
従兄弟は無事にアビーをERに届けてくれました。
彼らにも「感謝」する気持ちが残っていたのが唯一の救いでしょうか。

とアビー目立ちすぎの間
ERでは部長スーザンが部下の評判の悪さにイライラし
カーターとコバッチュはしゃっきりせず
大体あのカウンセラー姉ちゃん、
用もなくふらふらし過ぎ。
彼女こそチェックの対象でしょう!
レジデントたちがまた困ったもんで
レイの偉そうな態度も
お堅いニーラの態度も
現場では迷惑を振りまいてます。
これでいいのかER。
ついでにモリスはいないし(また休み?)

ついにブチキレのスーザンにウィーバーの一言
「管理職は憎まれ役。」
さすがウィーバー、正しく憎まれておりました。
そんなERに11年もお付き合いしてるこちらもすっかり管理職気分。
だからイライラしながら観ちゃうんだね。
たまには新鮮な気持ちが必要かな?
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
まめ  
ウザぁず。

なんつーか・・・既に私は、アビーのパートに触れる気にもなれなかったというか(^^;
ウィーバーの意識は、もはや神の域(笑)
ここまで徹底していれば、これも味なんだなぁ。
でも、ルイスには似合わない。
カーターくんが言うように、ルイスらしい管理職目指していただきましょう♪
ウェンデルの存在・・・もう語る気にもなりません( ̄▽ ̄メ)

2006/06/06 (Tue) 23:24 | 編集 | 返信 |   
atsumi  

なんだか印象に残らないエピだった。
ウザビーの一件は、ショッキングなものかも
しれないけど、だから何なの?、だし…。
今のerには核がない。誰かがワンマンで
引っ張るのがいいとまでは言わないけど、
今の状態はただだらだらしてるだけだと思う。
そういうのって患者に伝わりますよね、満足度が
低い、再来院したい率が低いのは各自の力量だけが
問題ではないと思う…ってなに言ってんだか。

2006/06/07 (Wed) 20:25 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
正しい評価なのかも

今のERのデレデレ状態。
ドラマの中身そのものが
近寄りたくない病院になってますよね。
何に期待するでもなく
長年の付き合いだから観ている気がします。
思い切って止めることも出来ず・・・
わくわくしながらERを待つ日は
来るのでしょうか?
視聴率が落ちてるのもよくわかります。
ウィーバー以上にシビアに受け止めてるかな?

2006/06/07 (Wed) 23:47 | 編集 | 返信 |   
yasishi  
あの後の…

解放されたアビーのERでの立ち居振る舞いが想像できて嫌でした。
あんな血みどろで帰って来て、彼らとの約束だから…と口を割らない様子とか。
やはり少年、本物ギャングでないだけ誰かが導いてあげれば別の道に進めそうな彼らであったことは救いですね。

画面がキレイになって初のER。ようやくルイの本当の顔がわかりました(笑)。

2006/06/09 (Fri) 11:09 | 編集 | 返信 |   
yasishi  
間違いです

間違い発見です。
本当の顔がわかったのはルイではなく
レイでした。

2006/06/09 (Fri) 11:10 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
さすがウザビー

確かに、病院に戻ってきて
適当に話をでっち上げるんですかね。
そしてあの従兄弟&弟は
めでたく警察の手から逃れられたのか?
彼らも次は無理せず病院へ行くと思いますけど。

yasishiさん、画面がきれいになっておめでとうございます。
レイはとても医者に見えない医者なのでした。

2006/06/10 (Sat) 01:44 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ