FC2ブログ

Chicago Fire S4-#17 「小さな亡きがら」

一酸化炭素発生の警報が鳴り
出動するとその家には誰もいませんでした。
セブライドらが中に入って調べていくと
発生源は地下の焼却炉でした。
焼却炉の煙突に白骨した子供の遺体が引っかかっているのを見つけ
警察に通報します。
セブライドは壁のレンガを崩して遺体を外に出しますが
駆け付けた殺人課の刑事ホロウェイは
現場を保持しなかったと文句をつけます。
特捜班が来てくれたらもっと話は早いのに!
でも急ぎの事件ではないので殺人課の担当なんですね。
遺体は首の骨が折られていました。

セブライドは遺体が身に着けていたペンダントから
この子供はおじの家の近所に住んでいて
数年前に失踪したコートニーに違いないと確信します。
そして自分の判断でコートニーの母に連絡。
それがまたホロウェイの不信感を抱きます。
でも母親はDNA鑑定に協力してくれ
鑑定の結果本当にコートニーであることが確かめられました。
ホロウェイがそれを母親に伝えようとすると
向こうはホロウェイに会うことを拒んできます。
仕方なくホロウェイはセブライドに連絡を頼み
セブライドが伝えに行くと母親の兄がいて
兄がコートニーの首の骨が折れていたとつぶやいたことに
セブライドが反応。
警察しか知らない情報を知っているのは自白したのと一緒です。
すぐに気づいた兄はセブライドを追い払おうとして
激しいバトルが展開。
結局兄が逮捕され、一件落着となりました。

選挙の投票日が間近に迫るものの
ケイシーの状況は不利。
ベックスはケイシーは消防士と議員の掛け持ちで
公務員として給料を二重取りすることになると批判します。
それに対しケイシーは議員は無給でいいと反論しようとします。
またティベルグはケイシーが選挙活動のためにシフトを抜けるのをよく思わないため
ケイシーは消防活動を優先することを約束します。
ところがケイシーが知らないうちに
ベックスはもう一回討論会の日程を増やしていました。
ケイシーは今更シフトに穴をあけられず討論会を欠席。
その時事故の通報が入ります。
修理工場で車の下敷きになった男性の救助の際
危うくケイシーが車の下敷きになりかけましたが
無事に助け出すことができました。
それを記者が見ていてレポートし
市民のために力を尽くしているケイシーの姿が紹介されます。

みんながモリーズで飲んでいると
ケイシーのところに当選の電話連絡が入り
ケイシーは驚きながらも喜びます。
今回はハルステッド兄とバージェスが来ていて
いつもいい感じにコラボしてますね。
ケイシーの当選はよかったけれど
この先が大変そう。

ハーマンの子供の誕生パーティーに余興を頼んだらキャンセルされ
キッドはグラントに歌を歌わせると約束します。
グラントは了承するけどあれこれ注文を出し
挙句の果てに約束をすっぽかしたために
キッドが何とかその場を取り繕います。
すっかり腹を立てたキッドは
グラントと縁を切ると宣言します。
みんなそれなりに人間関係複雑ですね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ