FC2ブログ

The Night Shift S4-#9 「自由を求めた夜」

移民拘留センターで、移民関税捜査局員のマックスを刺して負傷させ
逃亡を図ろうとしたドラッグディーラーのロメロはSWATチームに捕らえられ
SWATに同行していたTCとジョーダンは
マックスとロメロをサンアントニオへ移送することにします。
その際にTCはセンターで拘留されている移民たちの健康状態の悪化を懸念していると
エンジェルという子供が母親の調子が悪いと訴えてきます。
母親は糖尿病の症状が出ていましたが、エンジェルは否定。
TCは移民たちのトリアージを行い、具合の悪い者をサンアントニオへ連れてきます。

検査の結果母親は髄膜炎を発症していて
移民たちに感染していました。
だが付き添ってきた局員が彼らをすぐに送還すると言い出し
スコットは治療を優先させると却下します。
自分は健康だったエンジェルはそのやり取りを聞き
他の患者が持っていた薬を大量に飲んで母親と一緒にいようとしますが
シャノンがすぐに発見して胃洗浄を行い助かります。

マックスは自らも移民で
治療を受けながら人種差別についてポールと語り合い
ポール自ら手術着を来ていなければドクターと思われないと話し
人種への偏見で共感しあいます。
そしてマックスは上司から責められて仕方なく
本来は送る必要のないエンジェルと母を捕らえたことを認めます。
マックスは検事に連絡して二人の送還を取り下げるように頼み
回復の兆しが見えてきた母とエンジェルに報告します。

ロメロは治療中も悪態をついていましたが
CTを撮ることになり機器の中に入ろうとしたとき
突如暴れだし、警備についていた警官の銃を奪うと警官を撃ち
ダクトの中に逃げ込みます。
SWATチームはレネの指示の下でダクトにドローンを入れてロメロを追跡
下から撃退しようとしますがロメロは逃げ続けます。
ロメロが銃弾を使い果たしたことを確認すると
TCはダクトに上ってロメロを追い、捕らえると殴り合いに
下からダクトに穴をあけ、二人は落っこちてきました。

スコットはサンアントニオを軍医たちの訓練施設にする許可を得るため
TCとシドを教官に迎えることにしていましたが
シドが直前に無理になり、TCはサンアントニオに来たアミラを推薦します。
アミラとジョーダンの出会いは微妙な感じだったけど
プレゼンを聞いた上層部(Rob Estesでした!)はアミラの経歴に納得します。

休みを取っていたケインは突如サンアントニオを辞めると電話すると
金とパスポートと銃をもって逃走します。
すると早速パトカーが追いかけてきて
中から怪しい男が出てきてケインを拉致します。
男はずっとケインを探していたみたいだけど
複数のパスポートや銃を持っているケインが
実はお尋ね者だったってことなのかな。
詳細は謎のまま。
ケニーはベラにプロポーズし了承を得たことを
勿体ぶりながらポールに報告。
シャノンはこっそり転職先をさがしているようですが・・・

次回がファイナル。
すっきり終わってくれればいいけれどそうもいかない感じだよね。
後がないのでクリフハンガーが一番困るんですけど。
悔いのない終わり方に期待します。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ