FC2ブログ

Wentworth S5-#7 「協定」

ファーガソンがボスになったことで
ウェントワース内には緊迫感が漂っています。
ドラッグの供給が滞っていることでティナはジェイクに文句を言い
アリーはティナにドラッグを要求しに来ます。
アリーの様子がおかしいことをみんな心配しますが
アリーはみんなを避け言葉を交わしません。
さらに大切なビーのスケッチブックをリズに預けます。
リズはアリーが自殺するのではと心配してフランキーに相談すると
フランキーはアリーの部屋を捜しまわり
アリーがドラッグを隠しているのを見つけます。
アリーがドラッグを買っていたのは自分が使うためではなく
ファーガソンがビーにしたことに対するリベンジを計画していたからでした。
フランキーはファーガソンは倒せないと説明してドラッグを始末するよう指示しますが
ティナは処分せずにいました。

外からのルートでドラッグが入ってくると考えたウィルたちは
生理用品のボックスが囚人たちの手で燃やされたとき
交換されるボックスに仕込まれると考え追跡を開始。
ボックスがトイレに置かれるやいなやティナがナイフを持ってトイレに入るのを見つけ
箱を開けてみますが入っていませんでした。
実は供給が間に合っていなかったのですが
看守が手を回していることが明らかになります。
ウィルはカズと手を組み、ドラッグを一掃する策を練ります。

ドリーンのもとに仮釈放の通知が届き
明日ドリーンは外に出られることになりました。
みんなは喜んでソーニャの酒で乾杯。
女子会は盛り上がりますが
ドリーンはナッシュと連絡が取れないことを不安がります。
翌日みんながドリーンと別れを喜び惜しむ中で
フランキーはカウンセリングルームのダクトを伝って屋上に上がり
屋上からこっそりドリーンを見送ります。
門の外へ出たドリーンが歩いているとナッシュとジョシュアが迎えに来て
3人は感動の再会を果たします。
本当の家族たちと幸せになれるように!
素敵な瞬間でした。
フランキーはカウンセリングルームに戻ってきてブリジットが来るのを待ちますが
ブリジットはフランキーがダクトに上がっていたことに気づきます。

アリーは致死量のドラッグがほしくて
ティナの金を盗んでファーガソンに差し出します。
だがファーガソン側はビーのスケッチブックを奪っていて
スケッチブックを燃やすならドラッグを渡すと
取引を命じてきます。
アリーは仕方なくスケッチブックを燃やします。

アリーはファーガソンの動きをチェックし
シャワールームに座り込み、ドラッグでぶっ飛んでいるふりをして様子を伺います。
案の定ファーガソンが絡んできたとき
隙を見て彼女の首に注射器を刺そうとしますが失敗
ファーガソンに奪われ逆に刺されそうになります。
アリーはファーガソンに殺してほしいと懇願しますがファーガソンは無視し
ビーは自ら死んでいったが失敗だったと言い切ります。
戻ってきて落ち込むアリーに
フランキーは一緒に脱獄しようと励まします。

刑務所が舞台だから囚人たちが入れ替わるのは当然だけど
今シーズンはマキシン、ルーシー、ドリーンと
メインな人たちが次々に去ってしまうので寂しいです。
また新人が入ってくるけどね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ