FC2ブログ

Chicago Fire S5-#3 「残されたリュック」

ルイの里親の件でケイシーが手を回したと記者が騒ぎ出し
児童福祉局から白紙に戻す話が入ってきます。
ドーソンは怒って抗議する気でしたが
ケイシーはスーザンと相談することにして話を持ち出すと
スーザンはすぐに手を打つと約束
ディアリングとも話をつけてくれることになります。
ほどなくしてルイを奪われる心配はなくなりますが
どうしてそんなに早く対応できたのか
気になったケイシーが質問に来た記者に逆に尋ねると
スーザンとディアリングのつながりが見えてきました。
ケイシーはスーザンときっぱり縁を切ることにしますが
後で逆恨みとかされないのかな。気になります。

地下の使用されていない下水道で火災発生。
中でホームレスたちが生活をしていて
キッドは逃げ遅れた少年を助けます。
救急車に運ばれた少年は酸素を吸いながら
出身地などキッドの質問に答えますが
いつの間にか姿を消していました。
後で火災現場からキッドは少年のリュックを見つけ
少年クリスはC型肝炎の薬を持っていることを知ります。
ブレッドの話ではその薬だけでは治せないそうで
キッドはクリスを見つけきちんとした治療を受けさせようと
クリス探しを始めます。
ドーソン兄に調べてもらうと
クリスは薬局で薬を盗んで逮捕状が出されていて
警察より先にクリスを見つけ出さないと助けられません。
火災現場で助けた子にそこまで執着するのか。
キッドにはグラントを救えなかったという後悔があるし
それはジミーの件で後悔しているボーデンも理解できました。
キッドは施設にシャワーを浴びに来ているクリスを見つけ出し
51分署へ連れていきます。
そこではボーデン、グッドウィン、ジェフリーズが待っていて
クリスを軽罪にし、Medで治療を受けられるように手配してくれました。

パーティーでお客を助けて以来ブレナーと親しくしているセブライドは
ブレナーから旅のお誘いを受けます。
休暇の許可もおりリッチな旅が始まる予定。
モリーズが閑古鳥状態の時
ブレナーがSNSでモリーズの宣伝をしてくれたら
一気に人が戻ってきました。
そんな影響力大のブレナーのパーティーで
来ていた女性がアルコールと薬を一緒に飲んで倒れ
セブライドが応急処置を行います。
すぐに救急車を呼ぶ必要があったけど
ブレナーは自分で病院へ送ると主張。
その後ブレットから病院前に女性が置き去りにされていたと報告が入り
セブライドはトラブルを避けようとしたブレナーの態度に怒ります。

お互いを意識し始めたブレットとドーソン兄。
ブレットの方からアピールしたら兄は自分たちは住む世界が違うと消極的だったけど
結局一緒に飲むところからデートの開始のようです。

さすがシカゴシリーズ。
またFireとP.D.のコラボを強固なものにしようとしてますね。
マウチとプラットに続いて、また警察&消防ペアができるのか。
でももうすぐドーソン兄はJusticeへ異動ですからね。
今回はMed、Justiceまで顔を出し
どれだけシリーズの宣伝をするんだ?と恐れ入りました。

ジミーは長期療養施設に入ったそうで
長い目で見て、でもいつか顔を出してほしいな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ