FC2ブログ

The Path S2-#5 「心の探求」

ホークがリビーの家の敷地に不法侵入し窓ガラスを割った件で
サラとの話し合いで済んだはずだと思いきや
一転してリビーがホークを訴え、ホークは逮捕されてしまいます。
エディも拘置所に来てホークを絶対ここから出すと約束しますが
状況はホークに不利。
拘置所内でホークは異色の存在。
細身の白人であのヘアスタイルなら、絶対狙われるよね。
案の定同質の男に襲われそうになるけど、ホークはひるまずに戦います。
手元にはラダーの本を置き、信者であることをアピール。
所内に世の中への不満を訴える男がいて
ホークに質問を浴びせますが、ホークはマイヤリズムの見地から答えます。
厳しい環境の中で堂々と頑張っていましたが
サラとエディはホークを出すために奔走し
エディはリビーの弱みを握り、実行します。
リビーには絶縁状態になっている息子がいることが判明。
エディはその息子を見つけ出し、リビーと電話で話させます。
サラは水質検査のお金を保釈金に当てホークを保釈させますが
ホークは自分の力で闘い続けたかったようで
ますます反抗的になっています。
一方今回の件でサラとエディは助け合っているうちに距離が縮まり
サラはエディの家で関係を持つことに。
でもエディは戻ってくる気はなさそうだけど
二人の間は変わってくるのかな。

FBIが組織内に潜んでいると知ったカルは
リチャードの力を借りて信者たちの面接を行います。
嘘をついていれば手を載せている紙の色が赤くなるという仕組み。
エイブもカルの面接を受けますが、全く反応は出ず
カルはエイブの作られた履歴を真に受けてそれを利用することに。
エイブに組織内の内通者を探すように命じます。
エイブにとってはラッキーな話で早速戻って上に伝えると
エイブはチームを作って捜索を開始
医務室をチェックしていてプリペイド携帯が隠されているのを発見し
担当の女性は知らないと主張するけど
組織から出されてしまいます。
これでこの件はクローズされるのか。
エイブの動きが気になります。
また家の冷蔵庫が壊れたメアリーとショーンは
面接を利用してカルを脅しにかかります。
二人は冷蔵庫を手に入れることができました。
コディアクとリチャードは
博士の死にカルがかかわっているのではと疑いをかけているし。
カルの立場はどんどん危うくなっている気がするけど
この先どうなるのでしょう。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ