FC2ブログ
Top Page › The Path › The Path S2-#8 「帰還」

2018 · 05 · 29 (Tue) 20:23

The Path S2-#8 「帰還」

コディアクとリチャードに捕らえられ監禁されたエディは
二人に博士の死の真相を話すよう迫られます。
エディは薬を打たれて妄想の世界をさまよい
そこで庭にたどり着きます。
意識がはっきりしたエディは
博士はがんにかかっていたこと
自分が救おうと手を差し伸べたことを二人に話します。
二人は博士を継いで光へ導く者は
エディなのではと思い始めます。
エディは離脱した身なのに。
一人車に取り残されていたジョニーは
無事にクロエと再会できました。

カルはノアの母のジャッキーから
寄付金をもらえることを期待してLAに跳びます。
ジャッキーはセレブな人たちとパーティー中。
酒とドラッグにおぼれる自堕落な生活を行っています。
ジャッキーは歌手のルナと親しくしていますが
ルナはここから離れたいとカルに告げ
カルは出ていくことを勧めます。
カルとジャッキーの距離は縮まるものの
寄付を得ることはできませんでした。

その頃事務所にはカルの母ブレンダの病院から電話が入り
ブレンダが肝不全を起こしていて先が長くないことを伝えてきます。
電話に出たサラはカルに連絡するけれど
全く母親を心配していないようです。
サラはカルの代わりに病院へ行きブレンダに会うと
ブレンダはサラが来たことを快く思っていませんでした。
マイヤリズムも信じていないようだし。
ブレンダは死ぬ前にカルに話したいことがあると言い出します。
サラはカルを呼び戻そうとしますがカルにその気はなく
ブレンダはサラに話すことにします。
カルには父親がいなくて、やがて博士ことスティーブンがカルを大切にしてくれますが
その密着度が異常だったみたい。
サラはそれ以上離さないでと耳をふさいでいましたが
もしや虐待してた?
信者たちは信じ切ってるけど
周囲の者が見たら、怪しいことも多々ありますからね。

カルが留守の間ホークは書類を探すためにカルのデスクに近づき
大量の督促状を見つけてしまいます。
組織が危機的な状況なのを実感したみたい。
そしてサラと一緒に何とかしていこうと意気込みますが
果たして解決できるのでしょうか。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-05-29

Comments







非公開コメント