FC2ブログ

Law&Order SVU S19-#9 「ノアの誘拐」

シーラはベンソンに電話でノアがいなくなったことを伝え、ベンソンとSVUはすぐにマンハッタン・モールに向かう。警官たちは総出でノアを探すが見当たらない。ドッズはベンソンに捜査から外れるように命じ、ベンソンはシーラと共にシーラの家で待機する。シーラはノアがコーヒーショップでもみあげの男に声を掛けられていたと思い出すが、該当する男はノアと一緒ではなかった、一方ノアを見た男性が一緒に歩いていたラテン系の男がゴミ箱に何か捨てたことを覚えていて、ゴミ箱を探すとノアが試着していたコートが見つかる。駐車場の防犯カメラの映像ではノアとフードをかぶった男がモールを出て車に乗り込む様子が映っていたが、車にはチャイルドシートが取り付けられていて、ノアは抵抗する様子もなかったので男は顔見知りだと思われた。またノアが出て行った時と違う服を着ているので計画的な犯行と思われる。ベンソンは男の画像をシーラに見せるが、シーラは知らないと答える。
ノアを乗せた男の車がニュージャージーの長距離バスのバス停に乗り捨てられていた。切符売り場の情報では、二人は2時20分発のバスに乗ったようだ。バスが道路渋滞に巻き込まれているのでロリンズとカリシが追い、該当のバスの乗客を調べるが、二人は乗っていなかった。シーラはエリーのことを思い出し、娘に続いて孫がいなくなったことを嘆く。
男が乗り捨てた車は中古車で、1000ドルを現金払いで購入していた。男は購入後すぐに新品のチャイルドシートを取り付けていたが、チャイルドシートの入っていた空き箱をフィンが回収し、販売元をあたると3日前カードでシーラが購入したことが判明する。ノアを誘拐したのはシーラだった。

ベンソンとフィンがシーラの家に行くと、シーラはすでにおらず、エリーの写真もなくなっていた。シーラは預金を全額下していた。そシーラはノアと合流し、車で山小屋へ向かっていた。シーラはノアに鹿を見に行く。後からベンソンも来ると話し、ベンソンの留守電に連絡するふりをしてノアを安心させる。
ベンソンはシーラを信じたことを悔やみながら、シーラの弁護士のスーザンに接触する。そしてスーザンをシーラに紹介した探偵から、ノアを誘拐したのは造園会社を経営するフアン・オルトーリであることをつかむ。フアンは二週間前、誘拐にかかる費用を受け取っていた。それはノアがシーラの家に初めて泊まった日だった。その時ノアはフアンと会ったに違いない。
ロリンズとカリシがフアンの家に行くとフアンは留守で、娘のマリアがいた。二人はマリアを厳しく尋問し、フアンが長年シーラの家の芝生の手入れをしていることを突き止める。そこにフアンが帰ってきたので、二人はフアンを逮捕する。
フアンが口を割らないので、二人はマリアも共犯だとマリアに脅しをかけると、ようやくフアンがシーラとの関係を話し出す。フアンはシーラと14年の付き合いがあり、妻を亡くした後シーラに優しくされていた。今回もベンソンに虐待されているノアを救って一緒になろうと言われていた。フアンは山小屋でシーラと待ち合わせていると伝え、ロリンズらはその山小屋へ向かうが、シーラたちはおらずフアンは騙されていた。
一方ベンソンはシーラの妹サラがニューハンプシャーに山小屋を持っている情報をつかみ、調べに行く。山小屋ではシーラがノアを寝かしつけた後だった。ベンソンが小屋の中に入るとシーラともみあいになり、シーラが銃を奪ってベンソンに向ける。シーラはノアと血がつながっている。ベンソンは自分が母親だと激しく主張し合い争っていると、ノアが起きてきてベンソンに抱き着く。ベンソンはノアを外に出すと隙を見てシーラを捕らえる。ベンソンはノアにおばあちゃんはいい人なのか尋ねると、ベンソンはいい人だけど悪いことをしたと答える。

ノアの失踪、誘拐事件は
どうしても孫を自分のものにしたかったシーラの犯行によるものでした。
自分の子供が誘拐されると冷静になれないことを、ベンソンは体感。
シーラへ心を許しかけていただけに、
衝撃が大きかったです。
仲間たちはベンソンに気を配りながらの連携でサポートします。
フィンはベンソンが捜査にかかわらなかったと、白々しくドッズに報告。
ドッズもそれ以上追求しませんでした。
みんな暗黙の了解だよね。

山小屋でのベンソンのピンチを救ったのはノアでした。
ノアが起きてきたので、シーラは銃を隠さざるを得なかったし
一気に形勢が逆転します。
しかしせっかく親しくなったおばあちゃんだったのに悪いことをしてたというのを
ノアはどう受け入れていくのか。
ノアの事例がChicago Fireのルイにつながっていきそうで
ルイのことも心配になってしまいます。
ノアは屈託のない笑顔を見せてくれるけど
ルイはいつも不安そうな顔をしているし!

ラストのノアを囲んでのベンソン一家!の団欒。
ほっと一息つけたけど
また事件は起こるんでしょうね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ