FC2ブログ
Top Page › Chicago Fire › Chicago Fire S5-#9 「人生の分かれ道」

2018 · 06 · 15 (Fri) 20:41

Chicago Fire S5-#9 「人生の分かれ道」

P.D.とのクロスオーバー前半。

ケイシーとドーソンの前に現れたルイの父を名乗るキイズに二人は戸惑い
今になって突然現れたことに怒りを覚えます。
ティナとも相談しますが、親権争いになれば絶対実父が有利だし
今の書類上はドーソンのシングルマザー状態なので、状況はよくありません。
でもどうして今頃キイズが現れたのか
本人の話ではキイズはアフガニスタンに駐留していて
戻ってきたところで息子の存在を知り、探し当てたのだそうです。
ドーソンはルイを絶対手放さないと決意しますが
ブレットが自分は養子で、育ててくれた養父母はいい人だったけど
実の両親のことが知りたかったと生い立ちを語ります。
ドーソンはキイズをルイに会わせ手もいいと考えますが
約束の時間にルイは現れませんでした。

セブライドは白血病患者のアンナへの骨髄移植で
検査の結果マッチすることがわかリ気合が入ります。
アンナは準備のための化学療法を続け、辛そうな様子でしたが
クラークはセブライドとアンナを引き合わせます。
二人はアンナの病室の彼女の写真を見ながら話をするなど意気投合。
アンナはセブライドに励まされます。
ところがクラークがアンナへの骨髄移植は中止になったと
セブライドに伝えに来ます。
彼女の体調がよくなく、様子を見守るしかないみたい。
セブライドは一気に落ち込み、酒をあおります。

51分署の新しい娯楽として
ゴミ捨て場から拾ってきた卓球台が登場。
みんなで楽しくゲームを始めたはずが
ブラインドは壊すし、バトルは起きるし。
ついにドアまで壊れてしまいましたが
ハーマンが実は卓球が得意だったことが判明。
分かっていればこんな狭い部屋で
卓球はしないと思うんですけど!

交通事故の通報があり駆け付けると
片方の車には母子が乗っており
救助活動が行われます。
片方の車はセブライドのもので
本人は乗っていません。
事件性も考えられるので特捜班を呼び
ボイトとリンジーがセブライドの家に行くと
セブライドは酔っぱらって寝ていました。
二人はセブライドに21分署への同行を求めます。

最後がクロスオーバー部分で
セブライドにいったい何があったのかが明らかになるはずですが
患者とドナーが顔を合わせるのは、感情移入してしまうことになるし
失敗のリスクなどを考えると
やはり会うべきではないんだろうなと感じました。
ということはクラークの配慮不足ということか?
Medを観ないと関連が見えないのが残念ですが。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-06-15

Comments







非公開コメント