FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S19-#17 「ピエロの仮面」

2018 · 08 · 08 (Wed) 08:31

Law&Order SVU S19-#17 「ピエロの仮面」

ペンシルベニアに住む16歳のヘイリー・サドラーは、15人の女子生徒と共に、音楽教師のジェームズ・ターナーに連れられてNYに来ていた。ヘイリーとジェニーはクラブへ行って踊っていると、ピエロの仮面をかぶった男に声を掛けられる。ヘイリーは仮面の男と踊っていたが、ジェニーが帰ろうと声を掛けようとするとヘイリーの姿がなかった。
翌朝ジェームズとジェニーが、SVUにヘイリーの捜索依頼にやってくる。ジェームズの話ではヘイリーは幼いころからピアノの天才で、両親はヘイリーを溺愛していた。ジェニーは10時までクラブにいたが、ヘイリーが見つからないのでカーネギーホールやリンカーンセンターを探しに行ったがいなかったと話す。
やがてヘイリーの父親で清掃員のクリスと臨時教師のアナがSVUに到着。するとジェームズがヘイリーからの動画が送られてきたことに気づく。ヘイリーはピエロの仮面の男と車に乗っていて、怯えているようだ。男は仮面を取り、ブルックリンの精肉店の袋を持っていた。
仮面の男は精肉店の従業員のヴィニーだった。カリシらが肉を解体中のヴィニーに尋ねると、ヘイリーをアパートへ連れて行ったが何もしていない。起きたらいなくなっていたと話す。ヴィニーのアパートを捜索すると、ヘイリーの付けていたボアや服がバスルームに残り、バスタブに血痕が付いていた。ヴィニーは連行される。
取り調べてヴィニーは、ヘイリーは怖いのが好きだったと話し、失踪との関与を否定する。だがヘイリーのバックと携帯が近所のごみ箱に捨てられていたのが見つかる。ヴィニーにはDVやストーカー行為、脅迫などの理由で元恋人への接近禁止命令が出ていた。さらに鑑識の調べで、バスタブとトイレの血はヘイリーのものと判明。漂白剤を使った跡もあった。ヴィニーの車のトランクには、ヘイリーのペンダントが落ちていた。
ヘイリーの父クリスは、ヴィニーに会いたいと言って騒ぎ出す。そして母のアナと一緒に、TVでヘイリーに関する情報提供を求める。
ヴィニーは夜中に何者かに電話をしていた。そして夜中の2時過ぎに、重そうな袋を持ってごみ処理場へ向かっている。ヴィニーはその袋について、販売期限切れの肉を飲食店の仕入れ業者に売ったと説明する。
警察はごみ処理場を捜索するが、すでに収集車はほかの場所にゴミを移動していた。クリスはごみ処理現場にも来て、ヘイリーを探してくれと訴えてくる。ストーンはヘイリーの遺体はないが、ヴィニーを第2級殺人で起訴することにする。

法廷でジェニーは、ヘイリーがピエロの仮面の男と踊っていたがいなくなったと証言し、それがヴィニーであることを確認する。クリスは娘は音楽一筋の生活で、国際大会でも何度も優勝している。家出する訳がないと証言する。
翌日、ジェームズが証言する予定だが、ホテルをチェックアウトした後姿を消す。ジェームズは証言を恐れていた。自宅に帰ったのかもしれないとカリシとロリンズが探しに行くとジェームズは帰ってきてなかったが、妻はジェームズがヘイリーがどれだけ天才なのか、彼女の話ばかりして溺愛していたと説明する。ジェームズはNYに行く前も、ヘイリーと自宅のスタジオにこもっていた。スタジオにはジェームズが作詞作曲した「ヘイリーの歌」の楽譜やヘイリーの写真が置かれていた。
クリスとアナは、ヘイリーはジェームズに何年も音楽を教わってきただけと話すが、ジェームズがNYで古い知り合いでCM製作者のアラン・ヒューバートと会っていたことを思い出す。アランに事情を尋ねると、アランはジェームズに恨みを持っているようだった。だがジェームズが妻ともめたから別荘を貸してくれと頼んできたので、鍵を渡したと話す。
アランの別荘を捜索すると、ジェームズとヘイリーがベッドの中にいた。ヘイリーはジェームズを愛していると叫ぶが、ジェームズはヘイリーを誘拐した罪で連行される。
二人は誘拐はヘイリーの計画で、自分で服やバスタブに血を付け、ジェームズに映像を送った。ヴィニーが犯罪者に見えそうなので、ヴィニーに罪を擦り付けるつもりだったと説明する。ヘイリーは自分が死んだと思われるまで身を潜めておく。その後ウィーンに行ってグランドピアノを買い、ジェームズのソナタを弾き、世界ツアーに出ると夢を語る。ジェームズはこれはレイプではなく、音楽が私たちを結び付けたと強調する。
ヘイリーとジェームズがSVUに到着し、ベンソンはヘイリーと両親を会わせる。アナはジェームズの頬を叩き、ジェームズと寝たことがある。何人騙せば済むのかと怒りをぶつける。アナは17年前、一度だけジェームズと寝て、ヘイリーはジェームズの子だと告白する。ジェームズは自分の娘と寝ていたのだった。ヘイリーはジェームズに絆を感じていた。父が清掃員の訳がないと納得する。ジェームズは第2級レイプ、近親相姦などの罪で起訴される。ベンソンはストーンに、離れていた親族が再会した時に起こるジェネティック・セクシャル・アトラクションだと説明する。

ヘイリーもジェームズも、お互いが親子だと知らずに惹かれ合った悲劇でしたが
ジェームズが一夜の相手だと知っていて娘を預けたアナは
本当の父親が教育してくれると思って安心してたのかな。
何も知らない父親クリスには気の毒すぎる結末でした。
ジェネティック・セクシャル・アトラクションって
離れて育てられていた兄と妹の例はドラマなどで観られるけれど
親子でもありえるんですね。
そしてヘイリーに利用され、殺人犯扱いされてしまったヴィニーもちょっと気の毒でした。

フィンの誕生日で孫がピエロのデコレーションのケーキをチョイス。
ケンが家族を持ち、子供もいるんだと
また時の流れを感じさせれました。
ストーンの姉は統合失調症で施設に入っています。
父が面会に行ってたけど、今は自分が行かねばならず
だからストーンはシカゴに戻れないらしい。
Justice復活は無理!ということなんですね。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-08-08

Comments







非公開コメント