FC2ブログ
Top Page › Code Black › Code Black S2-#3 「想いのかたち」

2018 · 08 · 20 (Mon) 19:22

Code Black S2-#3 「想いのかたち」

外科部長兼ER部長になったキャンベルは
ERを改革する気満々ですが
ERスタッフはうんざりしかけています。
ロリッシュやママジェシーはERがどうあるべきかしっかり意見するけど
若者たちは逆らえないもんね。
せっかくのやる気がそがれそうで気の毒。

地下のボイラー室で事故があり
作業員がボイラーに挟まって出られなくなり出血しています。
ヘザーが中に入って止血したけど
ボイラーをどかして患者を動かそうとしたら
金属片が心臓に刺さっていてボイラーのせいで止血している状態で
動かせば命にかかわるので動かせず。
そこでウィリスはECMOを地下室に持ってくると言い出して
またキャンベルを怒らせます。
でもウィリスは軍隊経験を重視。
命を救うことの大切さを力説し軍の機器を借りて実施。
手術にはキャンベルも加わり成功させました。

自分が死んだと思い込んでいる女性患者に
ウィリスは精神科医友声を掛けあい、親身に関わります。
でもキャンベルはさっさと退院させるよう指示。
するとその患者は交通事故に巻き込まれて
また運ばれてきてしまいました。
しかも手術現場の外を徘徊してた?
不気味な存在だったけど、ウィリスは自分も死人だったと
彼女の気持ちに通じる部分があるようです。

ギャング抗争でけがをして運ばれてきた女性は
ベッドの上でも暴れて治療を拒みます。
だが彼女は妊娠していました。
しかも産気づいてきてすぐに出産することになります。
子供を受け入れる気もまるでなさそうでしたが
実際に自分の子供を抱くと、気持ちが変わってきました。

夫が病院に連れてきた男の子は突如急変し、
別れた妻は夫を激しくなじります。
咳止めシロップの飲み過ぎで肝不全を起こし、肝臓移植が必要になりますが
男の子は父親を責めないでと訴えます。
飲み過ぎたのは早く良くなりたかったからだと、自分の意思であることを明らかにしますが
親を気遣いながら生きなければならない子供って切ないです。

マイクはまだ昏睡状態なんですね。
マイクがアンガスに譲ろうとしていた権利について
父は自分が引き受けると言い出しますが、アンガスはそれを認めません。
父はアンガスはやらないだろうと思っているようですが
アンガスの意思も変わってきたようです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-08-20

Comments







非公開コメント