FC2ブログ
Top Page › オスマン帝国外伝 › オスマン帝国外伝 S2 #35まで

2018 · 09 · 12 (Wed) 19:24

オスマン帝国外伝 S2 #35まで

毎回面白すぎて先が気になって仕方がないオスマン帝国外伝。
あまりにも気になって銀河のHPでネタバレを読んでしまうんですが
それでも十分楽しめる。
というかさらなる疑問がわくというか
本当によくできたドラマです。

悪知恵満載(生き抜くためには当然だけど)のヒュッレムは
自分の地位を確かなものにするために
まずは寵妃の立場では自由が利かないから身分の解放を訴え
それが叶ったら自由の身ではスレイマンと寝れないでしょと
今度は前例がない皇帝との結婚を迫り
ヒュッレムなりによく考えてると思います。
筋は通ってるからね。
でもさすがにヒュッレムの言いたい放題は度が過ぎて
スレイマンもヒュッレムを宮殿からの追放にOKしてしまいます。
でも男の子たちは宮殿に残して、ミフリマーフと二人で。

ヒュッレムはしばらく大人しくしていたけど
ミフリマーフが熱を出したとき、スレイマンは見舞いに行っています。
母后はますます危険を感じ、ヒュッレムの息の根を止めるべく
イブラヒムと完全犯罪を計画するのですが…

母后やマヒデブランはさっさとヒュッレムに消えてもらいたいけれど
ようやく懐妊したハティジェは
ヒュッレムがいなくなったら子どもたちが不憫だと思ってるし
さらにダイェはヒュッレムに脅されて取引中で微妙な状況
ということでダイェはこっそりマルコチョールを動かしたために
ヒュッレムが子供たちに会えるということで夜中に宮殿に向かう途中
山賊に襲われる計画はマルコチョールに見つけられ
ヒュッレムは何とか森の中に逃げ込みます。
そしてタイミングよく探しに来たスレイマンに発見されるという
母后的には残念な結果に終わります。

首謀者が誰かわからないスレイマンはマルコチョールに追及するように命じ
マルコチョールは容疑者の男を見つけ出し脅しをかけます。
この脅しっぷりがまるでボイト流で迫力満点。
男はついに観念しかねて口を割りそうになった時
またもやタイミングよくイブラヒムが入ってきて脅しを引き継ぎ
男はあらかじめイブラヒムと契約しているわけだから
ここは暗黙の了解で嘘をつき通して殺されるという流れになりました。
でも芝居を打たなきゃならないので、イブラヒムの脅しはさらに豪快。
本当に怖すぎです。
でも一連の流れを見ていたマルコチョールは
何か不審に思うかも。
マルコチョールの公正な立場がいつまで続くか期待しているんですが。

そんな鬼のイブラヒムに恋しちゃたニギャールも気の毒。
自分の置かれた立場に耐え切れず自殺するつもりだったのに
イブラヒムに助けられて今度はマトラークチュのところに嫁に行けと言われ
ニギャールのこの先も気になります。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-09-12

Comments







非公開コメント