FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S19-#23 「過去の記憶」

2018 · 09 · 15 (Sat) 11:04

Law&Order SVU S19-#23 「過去の記憶」

5年間住み込みの子守として働いているローデスは、クラブへ遊びに行って男性と目が合う。「昔会った?」と尋ね、男性は覚えがなさそうだがそのまま意気投合しクラブを出て、連れて行かれた部屋で突如銃を出すと男性を殴る。
部屋でローデスが男性を縛り、銃で脅し続ける様子が部屋に隠されたカメラでライブ配信されていた。それをクラブで拾ったスマホで見た男性が、この男性が殺されるとSVUに届け出る。携帯の持ち主はミゲル・ロペスと判明、脅されているのはミゲル本人だった。ローデスはミゲルに5年前、18歳の時会ってレイプされ、それから私は変わったと腹部の傷跡を見せる。それはミゲルが顔を避けて付けた傷だった。ミゲルを殺すのは簡単だけど、苦しんでほしいとローデスは拷問して殺すつもりのようだ。
ミゲルは一人暮らしで、特に問題もなさそうだ。だが登録先の住所には住んでいる形跡がなかった。監視アプリを使っている理由も謎だ。ロペスはローデスとのかかわりを否定し、自分はウェブデザイナーで普通の男だ。ここは自分の家ではないと訴える。ローデスは自分の人生は終わったと嘆きながらもミゲルを脅し続ける。
SVUは映像からミゲルの監禁場所を特定しようとするが、外観がわかりにくく苦労し、手分けしながらテラス付きのアパートをチェックしていく。ベンソンがモンテロ巡査と捜査に入った家で、ミゲルは監禁されていた。

ベンソンはローデスを説得しようとするが、ローデスは全く耳を貸そうとしない。仕方なくベンソンが銃を置くと、ローデスはベンソンに自分の手錠をするように命じる。家主は撃たれ、縛られたモンテロと共にバスルームに押し込められる。
ローデスはベンソンに、5年前ミゲルにレイプされた。ミゲルは自分の目の前で二人を殺したと言うと、ミゲルが否定する。ベンソンは詳細を聞こうとする。ミゲルはローデスの母にNYでの子守の仕事を紹介し、ローデスは保冷ボックスに隠れて国境越えをしてきた。だがミゲルは蹴って刃物で傷つけ、火を押し付けてきた。テキサスでレイプされたと言いながらさらにミゲルを追い詰めるローデスに対し、ベンソンは法の裁きを受けさせようと提案する。そのためにはミゲルの自白が必要で、自分が証人になるとベンソンはローデスを助けることを約束する。
ベンソンの状況を確認するためにフィンが電話を入れる。ベンソンは怪しまれたくないとローデスに許可を取って電話に出ると、ローデスに気づかれないように様子を伝える。
ますます興奮するローデスは、思い出させるためだとミゲルの頬にタバコの火を押し付ける。ミゲルは観念してレイプを認めると、ベンソンはこの男を逮捕するから正しい判断をするようローデスに求める。ローデスはミゲルをテラスに連れていく。
「私が3人で逃げていた時ミゲルが追いかけてきて、ライフルを突きつけ見せしめに一人殺すからどちらか選べと言ってきた。そして両方殺した。」ローデスはその時のことを引き合いに、ミゲルにテラスから飛び降りるか撃たれるかを選べと迫る。だがすかさずベンソンが、ミゲルを殺したらそいつは被害者になり、ローデスがされたことを誰も信じなくなってしまう。ミゲルは一生刑務所で罪を償わされるべきだ。あなたは優しい心を持っていると諭すと、ローデスはベンソンに銃を渡す。ローデスとミゲルは二人とも逮捕される。

明るくまじめなシッターのローデスが突如豹変。
ここまで臆せずミゲルを脅し続けることができるのに恐れ入りました。
5年前のつらい記憶がずっと残り
いつかリベンジをと機会を狙っていたのでしょうか。
普通レイプされた犯人と遭遇したら、顔を背けそうなのに。
国境越えなどで苦労していく中で
逞しくならざるを得なかったのかな。

ミゲルが本当にレイプしていたのかも謎。
殺人、レイプ犯にしては普通の人すぎるし
自白も強制されて仕方なくという感じでした。
しっかりした証拠がないと有罪にできないかも。

緊張する現場に一人踏み込んでいったベンソンもさすが。
説得慣れしているのは確かだし、落とし方を知っている。
彼女の毅然とした態度も大事です。
無事にローデスを拘束した時はぐったりしていたけど。

この続きが法廷に持ち越され
シーズンファイナルになるようです。
どんな結末になるのでしょう。
ローデス役の人を観たことあるなと思ったら
Time After Timeに出ていました。
ついでにほとんど役立たなかったモンテロ巡査は
MariskaのいとこのEddie Hargitayだそうで
もう少し活躍場面があってもよかったのに。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-09-15

Comments







非公開コメント