FC2ブログ
Top Page › Code Black › Code Black S2-#15 「悪魔のしわざ」

2018 · 11 · 13 (Tue) 20:08

Code Black S2-#15 「悪魔のしわざ」

あまりにも辛すぎて・・・

救急搬送を要請されてインターンたちが行った先では
高熱を出したヨランダを悪魔祓いで救おうとしていました。
だがヨランダは暴れて半狂乱になっています。
何とかエンジェルスに運び拘束しますが原因は謎。
狂犬病の疑いがもたれ、治療を始めることにしますが
ヨランダを抑えていたヘザーが腕を噛まれてしまいます。
ヘザーも治療のために寝かされ、
もう一人同じ症状の女性が運ばれてきます。

ウィリスが彼女たちを診察し
ウィルス性の出血熱だと判断。
さすがに軍医のウィリスの的確な判断です。
すぐにCDCに連絡を取り、彼女たちをテントに隔離
ドクターたちは治療の際に防護服の着用が義務付けられます。
こういう展開はERが現場のドラマではたまに見られましたが
でも今回はとにかくシビア。
病院にいた人たちはすべて検査を受けなければならず
ドクターも同様です。
そのうちマリオとマラヤ、エリオットは陽性反応が出て
テント送りになってしまいました。
対応ができないままアリシアは死亡。
まだ発症した人がいないか、悪魔祓いを行っていた場所を調べると
すでに死亡している人がいました。

ヘザーの具合がどんどん悪くなり
マリオたちも不安を抱える中で、今できることをしようと
ヘザーに付き添います。
治療現場をCDCに明け渡すよう命ぜられますが
キャンベルは断固拒否。仲間たちを救いたいですから。
でもヘザーは助かりませんでした。

今シーズンはER内でシャーロットが銃弾に倒れ
ヘザーが謎の病原菌に侵され
目の前で仲間たちが逝ってしまうのを見なければならないのは
本当に辛いことでした。
でもこれが病院の現場で
スタッフは精いっぱいのことをしていかなければならないんですよね。

悲しい思いを抱えるだけでなく
まだ感染者の0号が見つかっていないので
感染源を断ち切る必要があります。
ワクチンも用意できるのかな。
次回シーズンファイナルに続きます。
CDCの女性スタッフに見覚えがあると思ったら
Masters of Sexのリビーでした。
いつもゲストが豪華です。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-11-19

Comments







非公開コメント