FC2ブログ

The Resident S1-#11 「生け贄」

Code Blackは一緒にドキドキしたり悲しんだりで共感することが多いけど
こちらは観れば観るほど腹が立ち・・・
コンラッドやニックへの共感度が増してきます。

ニックがずっと寄り添ってきたがん患者のリリーが
急変して死亡した件。
ニックは納得できなくてもハンターの指示通りカリウムの点滴をセットして帰宅したので
自分はきちんと仕事をしていた自信があります。
でも病理解剖の結果はカリウムの過剰投与ということで
ニックが罪をかぶされることになってしまいます。
ニックがいくら思いを述べても聞いてもらえないし
リリーの死を看取ったのはコンラッドなのに
彼は証言をさせてもらえません。
ニックは自分が帰った後に
ハンターが病室に帰って点滴を操作したと確信しています。
それはハンターの診療所でリリーがどんな治療を受けていたか
ニックがこっそり調べていたことへの腹いせとして行った。
まるでオスマン帝国の後宮で行われていることと変わりません!
そんなことで命を奪われる人がいては
もう医療現場としてありえないでしょ。

さらにベルがまたやらかしてくれました。
手術中に電気メスの火花が飛んで火事になりかけ
患者が首を火傷してしまいます。
CEOのクレアはベルの言動に不信感ありまくりで
証拠を探すべく手術室に録画カメラを取り付けました。
これでベルお得意の言い訳も通じなくなるはず。
さらにコンラッドが患者に手術の録画のその存在を教え
ハッキングが得意な患者は映像をいただいて
ベルを皮肉る動画を作ってアップしたら再生回数はどんどんアップし
ベルは話題の人?になってしまいました。
クレアはミーナの情報も得てベルを糾弾するつもりでいたら
ベルは電気メスから火花が散ったのは機械のせいだと
古い機械を使わせるCEOに文句を言い
自分の出てくる動画もそのせいだと屁理屈をこねます。
これもまたオスマン帝国のあの人?と変わらないよね(爆!)
そしてハンターの一声もあってCEOの座をゲット。
CEOになるや否やニックを解雇してしまいます。

こんな理不尽な病院ならさっさと辞めちゃえばいいのにと思うけど
コンラッドやニックにも意地があるだろうし
何よりも患者たちが気の毒。
ますますコンラッドの戦いが続くのでしょう。
なんとか正しい道へ導いてもらいたいものです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ