FC2ブログ
Top Page › The Resident › The Resident S1-#12 「レジデントの結論」

2018 · 11 · 22 (Thu) 22:46

The Resident S1-#12 「レジデントの結論」

解雇されたニックは独自に調査を開始。
かつてハンターに解雇された医師を訪ねると
深入りするなとくぎを刺されます。
でもニックは諦めずに動き
情報を得られそうな人のところへ行くけれど相手にしてもらえず
ハンターと鉢合わせしたときはハンターの嫌味に堂々と対抗。
真正面からリベンジする気満々です。
そういえばニックじゃなくてエミリーのリベンジぶりは
半端じゃなかったですからね。
大いに期待していますが、ハンターはしっかり防御策に出ている模様。
ニックを何者かに尾行させるし、突如食料を自宅に届けさせるし
しかもニックがコンラッドに助けを求め
コンラッドが自宅に来たとき隠し撮りしてる?
不気味です。

長時間勤務でテンションが妙に上がっていたブラッドリーが
会議室の天窓から墜落し重傷を負います。
緊急手術が必要でコンラッドがすぐに応急処置を施しますが
ブラッドリーは危険な状態でした。
その時ベルが外部から呼ぼうとしていた心臓外科の名医オースティンが到着。
最初はペニスが折れた患者を励ましつつ指導したりしてましたが
結局ブラッドリーの手術を担当することになります。
ところがこのオースティンが口が悪くて言いたい放題。
もともとの執刀医とは真っ向から対立してしまうし
でもオースティンの判断や腕前は確かでした。
そんなオースティンを淡々と諫めることができるのがニーナで
ニーナのクールな言動が本当にカッコいいです。
これからオースティンが加わることで
ベルのやりたい放題が少しでも変わっていけばいいのだけど。

ベルはブラッドリーは自殺未遂だが
当院には責任はないとコメントするようです。
でもデヴォンは納得できず。
デートの計画を立てていたブラッドリーが自殺するとは考えにくく
しかも自殺前にエナジードリンクを飲むなんて変です。
一体何があったのか。
手術が成功して回復してきているブラッドリーは
仕事のストレスが溜まっていて、飛び降りたくなる気持ちはあったと話します。
この病院では、誰もが押し潰されてしまいそう。
ニックやコンラッドに頑張ってもらわなくては!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-11-22

Comments







非公開コメント