FC2ブログ

The Resident S1-#14 「詐欺の結末」

シーズンファイナルは、思いのほかすっきりだったかも。

ミーナが心臓移植したマイカと一夜を共にしますが
翌朝マイカが呼吸困難を起こして、病院に搬送されます。
移植による合併症ということで心臓の手術が必要になるけど
成功する確率は低く、難しい選択を迫られます。
でもミーナは何とかしたくてオースティンの手を借りることに。
手術を芸術と言い切るオースティンは相変わらず偉そうに
自分なら成功すると強気です。
ミーナも立ち会いマイカの手術が始まりますが
一度心停止をさせてから、問題部分を切り取り
無事に心臓が動き出すと
オースティンは縫合をミーナに命じます。
ミーナが拒否するとオースティンが叱責。
ミーナにとっては思い入れのありすぎる患者だけど
だからこそやり遂げなければならない
オースティンの指導の意図は強く伝わってきました。
手術後ミーナはマイカに付き添い、彼の意識が戻るのを待ちます。
マイカが目覚めて感涙。
ほとんど無表情で淡々としているミーナが
これだけ感情をあらわにするのは珍しいなと驚かされました。

ハメられて逮捕されてしまったニックのために
コンラッドは保釈金を父に頼んで用意してもらい
ニックは無事に戻ってきます。
そのころいつも次から次へといろいろな病状を訴えてくるオリヴィアが
またあれこれ不調を訴えてきましたが
そのと一度ハンター先生の抗がん剤治療を受けたと言い出し
確かに受けた記録が残っていたので
これをハンターの誤診だと証明できると確認。
コンラッドとニック、デヴォンはベルに指摘に行きます。
するとベルはあっさりハンターを見捨てFBIに通報。
証拠となる診療所のカルテをハンターが片付けようとしているとき
FBIが踏み込んでハンターは逮捕されてしまいます。
ベルは自分の病院で不正があったことを発表しますが
いかにも自分の手柄だったかのように話すのはいつもと同じ。
だがそのあと病院の理事長としてコンラッドの父を迎えることになり
この先話がややこしくなりそうなところでおしまいでした。

S2は本国でオンエア中。
今度は22話まであるのかな。
イラっとしつつもとても面白かったし、早く先が観たいです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ