FC2ブログ

NCIS:LA S9-#23 「一線」

S9もファイナルへ。

今シーズンは副局長にモーズリーを迎え、合わせてヒドコが付いてきますが
今までのチームカラーと違うし高圧的だし
少し存在感が薄くなってきたヘティにもどんどんのしかかってくるのが
なんともうっとうしくて。
モーズリーはTWのモンロー時代は好きなキャラだったのに
役柄というかポジションが変わると違うんだよね。
クリマイのバーンズは突如現れ引っ掻き回して消えていきましたが
モーズリーはじわじわと、でもチームもいい感じで動いていたのに
今回の銃撃戦からのギャング逮捕の際に
武器商人ウィリアムズの名前が出てきて
モーズリーの態度が急変、いきなりイライラ、
強引な捜査活動を要求して突っ走り始めます。

どうしてなのか理由を言わないためにメンバーもブチ切れ
ディークスは怒りを爆発させた結果モーズリーに追い出されてしまいます。
もともとLAPDからの出向だし、よくある話だけど。
カレンが協力を約束する代わり理由を聞き出すと
モーズリーはウィリアムズとの間に息子をが生まれ
その息子が長い間父親に拘束された状態だと判明。
理由がわかれば助けられるじゃないですか。
銃撃戦で足を撃たれ杖がないと歩けないのに
家族を失った辛さが身に染みているモーズリーは
ウィリアムズが潜伏しているメキシコに行く気満々です。

だが現地では警察の協力も得られず危険な状態。
結婚を具体化しようとしているディークスは
そろそろ身の危険を気にしない生活ができるようにと
バーを購入したりして
新たな人生設計を考え始めています。
なのにケンジーはメキシコへ。
3人が出発しようとしているときディークスはケンジーに
危険な任務から離れて家庭を作ろうと願い出ますが
ケンジーにはNCISでの任務こそ自分のすべきことと考え
出発してしまいます。
今シーズンは安定していた二人だったのに
また暗礁に乗り上げた?

で終わりなのかなと心配してたら
メキシコ行きの小型飛行機が出発する直前
ディークスは滑走路に登場して
モーズリーを無視して3人に同行します。
あくまでも今回の任務のためと言ってるけど
いい結果が出れば変わってくるのかな。
次回が最終話です。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ