FC2ブログ

Patrick Melrose #1 「バッド・ニュース」

StarEXを観始めた理由の一つは
「Patrick Melrose」が観られるからで
早速先行配信された第1話を観てみました。

カンバーバッチ、すごすぎます!!とただその一言。

英国貴族階級に属するパトリック・メルローズは1982年の夏
父が亡くなりNYに遺体を引き取りに行くことになります。
パトリックにとっては嬉しいニュースだったけど
このパトリックがとんでもないヤク中で
コカインやヘロインが手放せません。
よく生きてるなと驚かされますが
本人はヘロインとコカインは断ち切る予定で渡米します。

NYで定宿の高級ホテルに落ち着きますが
クスリが断ち切れるわけがなく
まずは鎮静剤やら覚せい剤やらをゲット。
それだけで十分ぶっ飛んでしまうのですが
やっぱりコカインやヘロインの誘惑に勝てず
売人を探して危険ゾーンには立ち入るし
お馴染みの売人にドラッグを売ってもらうし
とにかくクスリとアルコール漬けなんですけど。

それぞれのドラッグを摂取した時の心身の変化を
カンバーバッチが見事に演じ分けるのが素晴らしい!
シャーロックでも十分恐れ入りましたが
そんなレベルじゃない演技力にびっくりです。
ドラッグも種類が違うとハイテンションになったり落ち込んだり
それにアルコールも加わるし
想像の付かない世界です。
普通のヤク中はドラッグをゲットするのに必死な感じがするけど
パトリックは金に糸目をつけずなのでいくらでもドラッグが入手できちゃうから
さらに恐ろしい。
本当によく生きています。
バスタブの上にTVを置いてお風呂に入った時
感電しないかマジで心配になりました。

パトリックがこんな人間になってしまった背景に
父との確執があるようで
幼少期のトラウマはこれから徐々に明らかになっていくのだと思うけど
ちらちらとフラッシュバックする幼少期の思い出は本当に辛そうです。
だから火葬してもらった父の位牌は迷惑な代物なんだけど
これがパトリックから離れられません。

原作も第1巻を買ってみましたが
ドラマも原作も5話で構成されているようで
今回の1話分が1巻分になるのかな。
まだ読んでないけれど面白かったら一気に読み進みたくなるのかも。
でも単行本で1冊1500円するのでためらっちゃいますけどね。

そしてドラマの方もスタチャンでは1月に2話以降観られるはずですが
EXでのオンデマンド配信はもう少し後になるみたい。
月額900円なので文句を言わずにのんびり待たせてもらいます。


スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ