FC2ブログ

Queen Under Review (クイーン ヒストリー)

Music AirのQueen一挙放送。
知っている話も多いかもしれないけれどきちんと観てみようと
5番組すべて録画して
まず「クイーン ヒストリー」2話分を視聴しました。

前編1973~1980はDVD発売されていますが
後編1980~1991年はソフト化されていないのかな。
2005~2006に作られたドキュメンタリーなので
コメント内容も古めなのは仕方ないのかなと思います。
ドキュメンタリーとしては「輝ける日々」の方が映像が断然きれいだし
ブライアンとロジャーのコメントもたっぷり入っていて面白いかな。
こちらはいわゆる音楽評論家たちが自己流Queen評を勝手にしゃべっているだけですが
でも中にはフレディと親しかった記者の人などもいて
貴重な話も少しは聞くことができます。

前後編通して視聴して感じたことですが
フレディについての高評価はもちろんなんですけど
ブライアンのギタープレイについて
前編でブライアン大好きギター評論家(だよね)が
絶賛しまくるのが興味深かったです。
ギターを弾く人には常識的なことだったのかもしれないけれど
知らない分野の話なので、なるほどそうだったのかと学ぶことに。
"Stone Cold Crazy"のじっくり解説なんてあまりないですからね。

「クイーンの歴史」ですからイギリスでのシングルやアルバムのリリースを追って
楽曲の特徴や変化を語るのが基本パターン。
しかしフレディとブライアンが絶賛されるのに
ジョンとロジャーについてほとんど語られず。
"Another One Bites the Dust"や"Radio Ga Ga"が出てこないと
相手にしてもらえないのはあんまりでしょう。
ロジャーのビジュアルから入ったQueenファンには欲求不満が残ります。
(それって日本人だけ??)
バンドのリズム隊ってとっても大事だと思うんだけど。

自分が熱心に聞いていたのがオペラ座からJazzくらいで
他のアルバムもほぼCDを持っていますが
Flashは映画を観てがっかりして放置状態だし
評判の良くないホット・スペースもきちんと聞いてないので
真面目に聞こうと反省。
今聞けば新たな発見があるのかも。

まだまだQueen祭りは進行中。
他のドキュメンタリーも同じ語り部さんが語ってるようなので
話がダブるのかもしれませんが
もう少しジョンとロジャーの登場を期待します。


スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ