FC2ブログ
Top Page › 音楽 ›  Celebrating 50 Years of YES

2019 · 02 · 24 (Sun) 11:23

Celebrating 50 Years of YES

YESの50周年記念ライブに行ってきました。

YESも70年代から聴いてたけどさすがに初来日は知らず。
ライブに通いだしたのはロンリー・ハートのヒットの後のBig Generatour Tourからでした。
当時買ったパンフの中にチケットがはさんであり
代々木オリンピックプール2日間と横浜文体に1日行ってたことが判明。
熱心なファンでした♪
当時のチケットは5000円だったんだ。
プログレバンドとしてのYESを聞いていたわけですが
90125はとてもポップで親しみやすくて
そこにライブでは懐かしい曲も登場して
とても楽しかった記憶があります。

そのあとの8人の大所帯Union Tour
今度は6人になったTalk Tour
またメンバーが変わったOpen Your Eyes Tourと観に行き
黄金のメンバーが集ったFull Circle Tourは
運よくリオのライブハウスで至近距離で観れた
超ラッキーを味わわせてもらいました。

Jon AndersonのボーカルこそYESだと思っていたので
JonがYESを脱退したところでこちらもYESとお別れ
その後来日しても観に行かず。
こわれものや危機、海洋地形学の再現は興味深かったんですけどね。
逆に一昨年JonとTrevor、RickがARWと名乗って来日した時は
Jonの声は聴けるしRickのパフォーマンスは楽しめるし
こっちがYESでしょ!なんて思いながら喜んで観に行ってました。

そんなわけで本物JonがいないYESをどうしても認めたくなかったんですけど
今回は記念すべき50周年だし
大好きなThird Albumの再現もあるし
しかも土日の公演じゃないですか!
(一昨日の「危機」再現は諦めました。)
と好条件だったので昨日今日のチケットをゲット
早速昨日ベスト・セレクションバージョンを観てきました。

本当に偽JonのJon Davisonを避けていたので全然聴いたことがなかったんですが
Jonの声を見事に再現していてご立派。
スリムで髪がサラサラできれい!
と本物Jonと違った魅力を発見してしまいました。
ロングコートを着て歌っていると
その動きが往年のSteve Perryみたい!に思えたのは
一緒に観ていた友達と同意見。
偽Jon改め新Jon、いいじゃないですか♪

Chrisはいないんだから
Billyの動きをChrisを思い出しながらしみじみ。
Geoffってなんだか控えめだよね。
他のキーボードの人たちより自己主張してない気がする。
そしてお元気なSteve。
この人ますますスリムになっていません??
すっかり枯れていぶし銀って感じですが
よく指が動くな。
昨日はSteve側に座っていたので
とてもよく見えて感動しました。
そういえばQueenのInnuendoで
フラメンコギターを弾いてるのはSteveですよ。

新旧数々の名作を聞かせてくれて
途中で休憩タイム。
さすが50周年バンドはお客も休憩が必要だよね。
とトイレに行ったら女子トイレは並ばずさっさと行けたけど
男子トイレは長蛇の列。
そういえばお客さんの9割は男性でしたね。
どうしてプログレのライブって男性だらけなのか
プログレファンとしては不思議なんですけど。

後半途中から本来はツアーメンバーだったけど
お疲れだから?ゲストメンバーになっちゃった?Alanと
もとからゲストメンバーのTonyが登場。
大御所が出てきましたよ。
Tonyは50年前のオリジナルメンバーですからね。
そして前に観たのが94年だから20年以上のインターバルが!
としみじみしていたらいきなり巨大化していてさらに驚きました。
RickもChrisも巨大化したからね・・・それがYESらしさなのかな。
このメンバーでYours is No DisgraceやStarship Trooper
経験もチャンスもいらない、Roundaboutが聴けたのは涙もの♪
しかもいつもは端っこで横向いてたTonyが前で偉そうにしているし。

といろんなことが山盛りのベストセレクションでしたが
考えたらThird Albumの曲もほぼ演奏していて
やってないのはライブの定番All Good Peopleぐらいじゃないですか。
ということで今日はAll Good Peopleの大合唱でしょうか。
ここはライブエイドじゃないぞ!と勘違いしないようにして
今日も楽しんできます。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-02-24

Comments







非公開コメント