FC2ブログ

9-1-1 S2-#4 「袋小路」

地震の被害も収まったのか
不思議な事故による救出の要請が多数。
ビルとビルの間に挟まって動けなくなった警備員とか
改造車のマフラーに顔を突っ込んで取れなくなった酔っ払いの女性とか
ATMの中に閉じ込められてしまった男性とか
ちょっとあり得ないことばかり
プロポーズをするのに指輪は手元にあるけれど
箱だけモールの宝石店で譲ってもらった男性は
待ち合わせている恋人の姿が見えたから
エスカレーターで昇りながらプロポーズ
それはよかったけれど急に床板が外れて
男性は落っこち挟まってしまいました。
明らかにモール側の整備ミスでしょ。
出血のひどい中で何とか男性を引っ張り出し
男性は恋人にYESの返事をもらいますがそこで急変。
チムニーが心肺蘇生をしても助かりませんでした。
悲しすぎる展開でしたが
返事を聞くことができたのがせめてもの救いかな。

チムニーは今回の事故を受け
奇跡的に助かった自分の事故を思い起こし
これでよかったのかと悩みます。
その時一緒だった女性は結婚して子供が生まれそうだし。
チムニーは考え込んでいたけど
ここまで多くの命を救ってきたことはすごいことだと思います。
そしてカレンダー写真がかっこよかった。

エディと息子のクリストファーの関係が素敵。
クリストファーは出産時の影響で脳性麻痺なんですね。
歩くことも困難だけど明るくのびのびと育ってる。
おばあちゃんが怪我で入院しおばさんも子守ができなくて
エディがクリストファーを消防署に連れてきたので
みんながクリストファーにいろいろ体験させてあげます。
エディがクリストファーの子育て支援を受けるためにたくさん書類を用意しなくてはならず
出来ずに困っていたらバックがカーラを紹介。
カーラのバックアップは頼りになります。

マディーはバックというよりアビーの家を出て
一人暮らしを始めることにします。
アシーナは突然の昇進話が来て戸惑います。
昇進も大事だなことだけど、現場が好きという気持ちもよくわかります。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ