FC2ブログ

Wentworth S6-#6 「ウェントワースの天使」

マリーはザラにウェントワース内のスパイを探すように指示。
リタは預かったチップをマリーの携帯に装着するために
携帯を探していたらマリーにばれてしまいますが
恋人に電話していたと釈明。
昔の女のことでけんかしていたと言い訳し
再度マリーが電話して確認が取れたので許されます。
そのあともザラはリタにぶつかってきますが
リタはマリーの信頼を勝ち取り任務を果たします。
リタの正体を知ってしまったので
彼女の立場からハラハラしながら観続けることになりそう。

ラジオ局がウェントワースをアピールしてくれることになり
作業所での活動についてソーニャがインタビューを受けることになります。
一緒に働いていたのはブーマーなのに
ソーニャはリズと出演することを決め
リズに挽回のチャンスだと促します。
ブーマーはソーニャに知的障害者扱いされたことですっかり落ち込み
溶接の資格者試験を受ける気がなくなります。

ラジオの収録が始まると
ソーニャは作業所の話ではなく自分がはめられ
証人Xはリズだと主張。
リズはパニックに陥り、さらに囚人たちに叩きのめされます。
リズはすっかり落ち込み、自分は認知症だと言い出し
カウンセラーに調べてもらうと、確かに記憶が怪しげになっていました。

ウィルは眠れないことを悩み
ジェイクが看護師から睡眠薬や興奮剤を分けてもらいます。
ウィルは一気に薬を飲んでふらふらになり
シャワールームで倒れ込みカズが介抱することに。
ウィルはついにカズにファーガソンを生き埋めにしたことを告白し
カズはみんなのためだったと慰めます。
看守と囚人の立場が逆転しているんですが!

ルビーはブーマーの子供の頃の話を聞き
ブーマーは発達障害だから自分が悪いのではないと自信を持たせます。
アリーと一緒に試験問題を盗み出しますが
持ってきたのが違う問題で役に立たず
でもみんなでブーマーが合格できるように勉強に付き合います。
こういうチームワークは素敵だよね。

ソーニャはドンが逮捕されたという情報を得て
認知症のリズの証言もあてにならないから
自分は無罪ですぐにでも釈放されるだろうと喜びます。
ブーマーは試験でC+の成績を取り
ソーニャに自慢します。
その頃ヴェラはソーニャがシャノンを刺し
スパイクに罪をかぶせたのが真実かどうか確認をはじめ
カズはスパイクが出てきたら覚悟するよう
ソーニャを脅します。
ウェントワースの天使だったはずのソーニャだけど
いずれにせよ穏やかに出ていくのは難しいのでは?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ