FC2ブログ

This Is Us S2-#2 「二度目の挑戦」

ケヴィンにシッターマンへのゲスト出演の話が来て
ブチ切れ降板した記憶がよみがえってくるけど
ERでジョジクルも最後に復活したんだからと
ケヴィンは気合を入れて収録に臨むことにします。
家族は収録の見学に来ますが
ケイトもランダルもそれぞれ事情を抱えてるのはいつも通り。
ランダルとベスは赤ん坊を養子に迎えるのではなく
家庭の事情で里子に出された子供を引き取ることにします。
でもでも書類を書いているうちにランダルは
迎える子供ときちんと向き合い、大切に育てていけるか自信がなくなってきて
ベスと言い争いが始まります。
ケイトはバーから歌手が休みを取ってしまったので
急遽歌いに来てほしいと言われ直行しますが
トビーとレベッカが追いかけ、ケイトの歌を聴くことになります。

ケヴィンは本番直前に脚本が修正され
自虐的な内容にショックを起こしますが
ソフィーの励ましもあって堂々と演じ切り
大盛況に終わります。
そのあと困り顔のベスにケヴィンは
ランダルは常に完璧を目指すけれど
ベスとの出会いの時だけは違って
陰で自分の入れ知恵があったことを伝えます。

歌うのが好きだったケイトはレベッカに褒められて
小学校の学芸会の舞台に立つことにします。
レベッカは自分のドレスを使ってドレスを縫ってくれ
ケイトを応援してくれますが
バスルームで歌っているレベッカの声を聴いて
急にやる気を失ってしまいます。
それで本番は舞台に上がることはなく
ケヴィンの物まねを観ていました。

そんなケイトがレベッカの前で歌うことになり
ステージを降りたとたんケイトを称賛したものの
すぐにアドバイスを与えるレベッカに
ケイトはうんざりしてしまいます。
娘を思う親の気持ちはわかるけれど
ここまで干渉されたくないよね。

ジャックはアルコールで問題を起こすと
断酒会へ通ったり
ボクシングジムへ行って汗を流したりしていました。
でも酒を断ち切ることはできなかったんだね。
仕事での問題も抱えていて大変そうなのはわかるけど。
ジャックの事情も少しずつ見えてくるのかな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ