FC2ブログ

ボヘミアン・ラプソディ どこでもウェンブリー

4月17日のクイーンの日に何かが起こるというユニバーサルの予告は
想像以上にとんでもないことになってしまいました(笑)
まず旧作DVDの再リリース。
Queenカラオケ、友達とワイワイ歌うのは楽しかったですが
自宅で一人カラオケはちょっと辛いかなと思ったりして。

続いてこれが本命だと思っていた「ボヘミアン・ラプソディ」Blu-ray&DVDの発売。
予約開始から発売日まで、なんだかあっという間でした。
ここまでボラプにお金をつぎ込んだのだから徹底しようと
Amazonで一番ゴージャスな特典映像ディスク&Tシャツ付きをゲット。
こんなにデカいTシャツ、着る機会はないと思うんですけど
コレクションだからいいんです(苦笑)
queenborap1.jpg

これで終わりだと思っていたら朝ブライアンの日本向けメッセージを発見。
その後まもなく来日公演決定のニュースが入りました。
さいたまスーパーアリーナは遠いので行くのが大変だけど
土日だから大丈夫では?
といきなり盛り上がってきましたが
果たしてチケットがゲットできるのか。
争奪戦間違いなしですよね。
これから何とか策を練ろうと思います。
queenborap2.jpg

と予想以上にいろんなことがあったクイーンの日でしたが
せっかく前日に届いていたボラプ鑑賞は忙しくてできず
ようやく昨日「どこでもウェンブリー」が開催できました♪

まずは本編の特典映像を視聴。
とにかくライブエイド完全版が観たかったのです。
映画でもライブエイド再現は鳥肌が立つくらいのリアル感と盛り上がりでしたが
完全版にはそこにしっかり「愛という名の欲望」と「We Will Rock You」が組み込まれていて
まさに本物なんですよね。
「愛という名の欲望」はフレディのギターパフォーマンスも観られるし
(ブライアンが使うテレキャスは、本物ブライアンの楽器だったんですね)
「We Will Rock You」でかなりテンポの速いドン・ドン・パッをしてからの「伝説のチャンピオン」
これでこそ正しいエンディングです。
メンバーたちもこの6曲を一気に演奏していたわけで
映画館で完全版ウェンブリーをみんなで歌ったら
さらに楽しかっただろうなと痛感しました。

映画についてのキャストや製作スタッフのインタビューも見応えたっぷりで面白かった。
随所に渡って本物ブライアンとロジャーが顔を出してくれるし。
映画を作るのってものすごく大変なんだな。
本人になりきるための徹底したパフォーマンスやメーキャップ、ファッション。
ライブエイド再現の観客映像をどうやって作っていったのかなど
驚かされることばかりでした。

そしてもう一枚のディスクの特典映像。
「I Want Break Free」のMV際限の舞台裏が収録されていますが
このMV大好きなので、映画でのちらっとのご披露だけじゃ
もったいないなと思っていただけに大満足です。
Ben演じるロジャーの女学生姿。
本物ロジャーに負けてない可愛さだと思います。
フルバージョン撮影していたのなら
それも見せてほしかったな。

キャストたちがどれだけQueenが好きだったのか
ウェインズ・ワールドで知ったり、グレイテスト・ヒットを聞いたり
皆さん本当に若いです(笑)
ポール役のAllenはお父さんがQueenファンだったので
AllenもかなりのQueenファンとのことでした。

特典映像を全部観ただけで1本分の映画を観たくらいの充実感があって
結局本編をまだ観ていません。
テレビ画面で観ると細かい部分はチェックできるけど
映画館での大迫力は伝わってこないよね。
だけど「いつでもどこでもウェンブリー」
観たくなったらまた楽しませてもらいます。
さらにHDDの中には本物のウェンブリーライブも置きっぱなしになってるし。
まだまだQueenな日々は続くのでした。
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
ajcooper  
wow!

ロック大好きだったので当時オンタイムで ライブエイド見てました。
しかし、クイーンのサウンドは全く好みではなかったので、飛ばしました。
ところが何十年も経てこの映画を見た時の驚き!
めちゃくちゃ素晴らしく感動したのでした。

短髪になってからのフレディ、最高です。🤩

2019/04/21 (Sun) 16:31 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
To ajcooperさん

私もライブエイド、オンタイムで観ていました。ビデオデッキを動かしっぱなしで録画し続けていた覚えがあります。
好きなバンドが山ほど出ていたので当時はQUEENもその一つに過ぎなかったかもしれませんが、やはりQUEENならではの演奏だったんですね。とりあえず輸入版のライブエイドDVDを持っているので、今でもたくさんのバンドの中のQUEENを楽しむことができます。

ボヘミアン・ラプソディ、とてつもない映画でした。

2019/04/24 (Wed) 21:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ