FC2ブログ

ER「群衆の中の孤独」

ERってマジで一週おきで観ればいいかも。
今週はなかなか当たり!でした。
まずいきなり倒れちゃったのが3児の母のミランダじゃなくてエリー。
いきなり子供に囲まれたミランダを観てうわぁと思ったら
次の瞬間救急車でER行き。
彼女自身は意識がはっきりしているようだけど
脳卒中を起こして右半身が麻痺してしまいました。
だから実際には言葉にならないけどつぶやき続ける
エリーの胸のうちがなんともミランダっぽくて
聞いててついうなずいてしまいました。
しっかりルカにチェック入れてたし(笑)
これでダンナがスティーブで、吹替えが渡辺美佐さんだったら
完璧だったんですけどね!
そしてエリーの目線から観たERの光景もなかなか新鮮でした。

結局エリーは脳塞栓ということで
リスクの高い治療を強いられる事になります。
躊躇するダンナに届かない声で叫び続けるエリーがもどかしかったけど
無事に治療は終了。すっかり回復しました。

メインのお話の脇でチーフレジデントを狙ってるモリス君。
このずうずうしさと根回し根性はさすがです。
部長やスタッフの支持を得られなければ医学生を抱きこむか?
まあこのしたたかさが大好きなんですけど(笑)
彼の腕前はマジで信用できるんですかね?
一方スタッフに人気のプラットは全然その気がありません。

カーターとウェンデルの勝手にやってくれ!私生活は
ケムの電話でめでたく破局いたしました。
ケムに拍手!これでウザねーちゃんを見ないで済みます。

そしてスケベオヤジになりかけてるドゥベンコ。
論文の打ち合わせと称してアビーを外に連れ出すなんて
本当にとんでもないオヤジです。勤務時間なのに・・・
ジェイクに対抗しようと愚かな闘争心を燃やしたのかなぁ。

エリーの治療の裏側で偽の父親を雇わないと
病院に来られない3人の幼い兄弟や
強盗を働いて催涙ガスを浴びたのに
デモのゴタゴタのせいにする若者など
底辺層の人たちの生活の苦しさや辛さに
また重たい気分になってしまいました。
彼らを救えるのはやはりプラットなのでしょうか。

そして来週
ガラント君は降板したわけじゃなかったんですね。
びっくり!


スポンサーサイト



コメント 3件

コメントはまだありません
yasishi  

TBさせていただきました。
今回、面白く感じたのですが。
卒中の患者さんエリーの心のうちがよかったのかな。

今回の発言で先週の病欠は十中八九仮病のモリス。
なんでチーフレジデントに意欲的なのでしょう。
行動も妙に自信たっぷりだし。しかも間違った方向に。

2006/07/12 (Wed) 13:50 | 編集 | 返信 |   
まめ  
彼ファンとしては微妙

一週おきのER(笑)
もしや、そのサイクルでER内のラブ話入れてるんでしょうか?(^^;
エリーさんの部分が面白かっただけに、
カーターくんで思いっきり落とされた私には
ビミョーなエピソードになってしまいましたが。
ルカに反応したエリーさんに、一番共感しました。
病院で素敵なドクターにあたると、やっぱり思いますもんねぇ(* ̄m ̄*)

2006/07/12 (Wed) 19:17 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
エリーさんとモリス君

yasishiさん、まめさん、TBありがとうございます。
エリーさんはどう考えてもSATCミランダがぶっ倒れたとしか思えず、
その後のミランダの本音が出てる?とつい楽しんでしまいました。
映像の撮り方もよかったですよね。

カーターの恋愛のゴタゴタも勘弁して欲しいんですけど
それ以上にやはりERの中にいてもらいたいです。
私生活なんてどうでもいいんだし。
これでウェンデルが消えてくれるなら一応我慢しますが。

モリス君、ますます理想的キャラ(爆!)に育ってますね。
これだけ信頼されてないのに頑張ってしまうご立派さに
つい応援したくなっちゃいます。
意外にたくましく出世しちゃうのかも。

2006/07/12 (Wed) 19:47 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  ER11-15「群集のなかの孤独」
  • 今回、とても面白かった気がするのですが。 脳卒中のお母さんが無事に回復できそうだから モリスが不相応なことを企んでいるから ドゥベンコがやっぱりアビーにアタックしているから カーターとウェンデルがお終いみたいだから… 等々、何だかそれなりにおさまっていて良か
  • 2006.07.12 (Wed) 13:41 | newささくれた日々
この記事へのトラックバック