FC2ブログ

The Path S3-#3 「イナゴ」

エディは教団の敷地内に忍び込んできた青年のローガンを受け入れようとしますが
メンバーは鍵十字のタトゥーを彫っているローガンに警戒心を示します。
サラはかつて博士が作ったテストをローガンにやらせて結果を見ますが
やはり彼は適さないと判明。
でもエディは門戸を広げようとする考えを崩さず
またサラと対立することになります。

エディは自分の主張を曲げずにローガンを参加させ
不快感をあらわにしていたニコールも従います。
ローガンが畑の野菜を引っこ抜いているのを見てエディは焦りますが
水やりに問題があることにローガンは気づいていて
直そうとしていたことをエディは知らされます。

ホークはセンターのスペースを貸している
キリスト教徒の若者たちとボウリングに行ったりして
さらに親交を深めていきます。
そして教団の敷地の庭で盛り上がっていたら
ローガンが出てきてうるさいと文句を言ってきます。
ホークはローガンと話そうとしますが
周囲が不快な態度をとったためにローガンはホークに襲い掛かり
二人はバトルになり、ホークは腕を怪我してしまいます。
これにはエディもローガンを許せず、ローガンは教団から出て行かされます。

サラはニールの講義に出席。
ニールはサラに話を振ってきます。
サラが途中退出したら、ニールも講義を終えて追いかけてきて
サラを食事に誘うことに。
サラはニールと俗物が食べる「スシ」を食べることになり
さらに親密になっていきます。

カルとメアリーはハロルドの束縛から逃げようとしますが
ハロルドは契約を持ち出して自由にさせてくれません。
カルが何とか説得すると、ハロルドはBBQパーティーを行うと言い出します。
だがハロルドの様子はどんどんおかしくなり
メアリーはプールで溺れさせられそうになり
二人は赤ん坊を連れて慌てて逃げ出します。

カルに比べるとエディは普通の人というか
カリスマ性がないというか
正直すぎちゃうのかな。
一生懸命やってるんだけど、ヴェラの思うつぼっていう感じもするし。
真の求道者なのは確かなんですけど。

サラとバーバ(笑)の距離が縮まっているのが気になります。
宗教家バーバは検事補バーバとはまた違った説得力があるというか
サラをどんどん引き込んでいるのがすごい。
マイヤリストたちは絶対寿司や日本酒を口にしないでしょ。

最後にエディの目の前で大量に飛んでいたのがイナゴだったのかな。
不気味でした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ