FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S20-#5 「カリスマ指導者」

2019 · 06 · 15 (Sat) 11:26

Law&Order SVU S20-#5 「カリスマ指導者」

自己啓発グループ「アクリード」の女性起業家講座で、司会のクラウディアはビッキーにアクリードに救われた話をするように促す。アクリードは恋人からDVを受けていたが、アクリードに参加して強くなったと話す。その後ビッキーはメンバーのライラにランチに誘われるが断って帰り、自宅にいると来客がある。
ソーホーでレイプ殺人があったとSVUに連絡が入り、ベンソンとロリンズが急行する。バスタブから湯があふれ、被害者の女性は複数を刺され、脇の肉が切り取られ、テーブルの脚でレイプされていた。女性の身元を示すものは何もなかったが、部屋の持ち主のシェーン夫妻はそこに住んでいる娘の安否を心配する。モルグに来た夫妻は被害者は娘のアビーではないことを確認、ペンシルベニアでホラー映画を撮影中のアビーは、友人のビッキー・パーソンが恋人と別れて先週越してきたと話す。恋人のブラッドはベッキーを追い回していたが、ベッキーはアクリードに参加して元気になったようだった。ベッキーはアクリードに送金していた。
ロリンズとカリシはアクリードに事情聴取をしにいく。そこではリーダーのアーロ・ベックが講演会を開いており、妊婦のロリンズを見るなり診断を始める。アーロの話ではビッキーはここ数週間アクリードで集中講座を受け、ライラが助けていた。
ビッキーの恋人ブラッド・サイモンは料理人で、ビッキーのFBを乗っ取って彼女の下着姿の画像をアップしていた。カリシとフィンがレストランの厨房に行きブラッドを問い詰めると、事件のあった一昨日はバーで女性と飲んでいたと答える。だがブラッドの自宅を捜索すると血痕のついた靴やジーパンが残されていて、鑑定の結果ビッキーの血液だと判明。ブラッドは殺人容疑で連行される。バーの防犯カメラ映像を調べると確かにブラッドはバーにいたが、一緒にいた女性はアクリードのメンバーのジーナで、脇に血液が付着していた。
ジーナは男性への接し方に悩んでアクリードに参加し、バーでは主導権が握れるようになった。だが相手がビッキーの恋人だとは知らなかったと答える。ジーナは酔ったブラッドを自宅に連れ帰っていた。ビッキーの脇に見えたものは血液ではなく、AHMと書かれた刻印だった。ビッキーのアイディアで成長のあかしを忘れないようにと、みんなで刻んでいた。
ベンソンはアクリードに行き、ライラがアーロと出会って自信を持ち女性社員の店を開いたことや、ビッキーは参加してから自分の強さを認識してきたことなどの話を聞く。一方アクリードの創設者でアーロの元妻のマリーナはアーロは女性に親身になりながら
女性の心を奪う。アーロはライラと浮気したと説明する。今回のジーナとブラッドのバーでの出会いも、仕組まれたものかもしれない。

SVUがアクリードが開催するヨガ教室へ行くと、男性が盗み撮りをしていた。その男性はジーナの夫で、妻を洗脳したアクリードの秘密を暴こうとしていたのだった。SVUは夫からメモリーを借りて写真を調べると、メンバーがビッキーを踏みつけている写真が見つかった。ジーナはその写真について、アクリードでの儀式の一種で自尊心を養うためのものだと説明。ビッキーはジーナの奴隷で、主人であるジーナの命令に従わないと、自己実現のレベルが上がらないとされていた。ロリンズにアーロは詐欺師だと脅されたジーナは、ビッキーの血液をブラッドの靴につけるようにライラに命令された。ビッキーがアーロを裏切ろうとしたからだと白状する。脇の刻印もアーロに忠誠を誓うためのものだった。
ライラが殺人現場にいた証拠が必要になる。ライラは携帯を持ち出していなかったが、彼女の腕時計のデータから、彼女が現場にいたことや殺人を犯したときの心拍数の変化が明らかになり、SVUはライラを逮捕する。
ベンソンはライカーズに収監中のライラに会う。ライラはビッキーが被害を訴えたらすべてを失うと思った。一人ぼっちになる恐怖に勝てないと話す。
ライラとジーナの証言から、アーロは第二級謀殺に問われる。ライラはアーロの命令でビッキーを殺害、ジーナは証拠をねつ造したことを認める。ロリンズはアーロは詐欺師で性の搾取者、殺人犯だと非難、ベンソンはアーロが許せないのは女性に満足感を与えたことだと指摘する。女性は力を持つことで安心感を覚えたが、不安や弱さをアーロにさらけ出し、アーロはそれを利用して女性を破滅させた。
アーロの弁護士のクラウディアは、保釈されたアーロが空港に向かっているとSVUに伝えてくる。だがプライベートジェットは燃料切れで、アーロは逃げ出せなかった。

女性啓発グループを統率するアーロが調子のいいことを言いながら
女性たちをだまし搾取していたという話。
その実態に気づいたビッキーは告発しようとして
アーロの信者たちに殺害されてしまいます。
こういう詐欺師って本当に話が上手いというか
その人の人となりを見抜く目があるんですね。
妊婦ロリンズの実態も見事に読まれていました。
そこで負けずに当たっていくのが、さすがロリンズですけど。

これですっきりしたのか
ロリンズもついにベンソンに子供の父親を明かします。
そしてデスクワークすることになるのかな。
一方ノアは6歳の反抗期の真っ最中。
これも成長の過程ですね。

今回のアクリードのメンバーのアーロ、ライラ、ジーナは
みんなドラマでよく観る顔でした。
ジーナはBansheeのレベッカで
あのしつこさ!がチラッと伝わってきました。
ついでにクラウディアはP.D.のドーソン元妻ですよね。
ずいぶんイメージ違ったけど。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-15

Comments







非公開コメント