FC2ブログ

Chicago P.D. S5-#6 「ある警官の死」

プライス議員が地区交流センター設立のパーティーで演説。
特捜班も制服で参加していました。
すると近くで発砲事件が発生。
その家に住む夫婦が殺害され、里帰りしていた息子も重体です。
家のクローゼットからドラッグが見つかり、
夫は売人だったことが判明。
卸元のケインの犯行ではと疑いがかかります。
ボイトは事情に詳しい麻薬課のマグレディに捜査の協力を依頼しますが
マグレディは元アプトンのパートナーで
アプトンはあまりいい思いをしていませんでした。

マグレディを中心にケインを追っていきますが証拠は出ず
そのうち単独行動をとっていたマグレディが撃たれたと連絡が入ります。
アプトンは慌てて駆け付けますが間に合わず
ボイトは同情しつつも、何故マグレディが一人で動いていたのかと
アプトンを責めます。

銃に付着した証拠からケインがマグレディを撃ったことがわかり
教区に隠れているマグレディをプライスは無傷で渡すようにボイトと協力。
銃を構えているケインの前にボイトは丸腰で近寄り
ケインも銃弾を浴びることなく逮捕されました。

マグレディの葬儀が行われますがアプトンは釈然とせず。
マグレディは優秀な警官だったと称賛されますが
実はギャンブルに依存し、多額の借金を抱えていました。
パーティーでも言い争いをしている場面を見られていたし。

アプトンが調べていくと、マグレディが証拠を改ざんし
自殺だったのにケインが撃ったように見せかけていたことが明らかになります。
マグレディは借金の件でどうにもならなくなり自殺を図ったのでしょうが
これを殉職に見せかければ、英雄と言われ家族に年金も入ります。
実際には違ってもそうしておく方がいいとは
ボイトの判断でした。
ケインが夫妻を撃ったのは事実だから、有罪にはなるし。
でも特捜班にありがちの、すっきりしない幕切れでした。

そして以前証拠隠滅を図った件でルゼックはウッズに責められ
特捜班内でのスパイ活動を命ぜられます。
ボイトの動きのチェックなのかな?
まだ詳細は分かりませんが上手にやらないと
ルゼックの身が危うくなってくるかも。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ