FC2ブログ

Pose S1-#6 「愛と葛藤」

プレイ・テルの恋人コスタスの病状がどんどん悪化し
プレイ・テルはボールでやたらと酒を飲みながら
二人の思い出の曲「Love is the Message」ばかりかけまくります。
心配したブランカは母のレシピでエンパナーダを作りプレイ・テルを食事に呼びますが
プレイ・テルは相変わらず酒ばかり飲んでいます。
みんなが気にかけると、逆にプレイ・テルはブチ切れ。
辛いのはよくわかるんだけど。

病院でコスタスを見舞いながら
プレイ・テルは遊戯室にエイズ患者たちを招いて
歌を聴いてもらおうと思いつきます。
プレイ・テルはビアンカにも歌ってほしいと誘いますが
ビアンカはボールで声を掛けてきたダリウスと
デートの約束を取り付けたところでした。
ところがビアンカが服を選んでいると
仲間たちがビアンカのデートについて忠告。
ダリウスは誰にでも声を掛け、片っ端から寝ている男でした。
せっかくときめいたのにデートはキャンセル。
ビアンカは病院へ来て、プレイ・テルとデュエットします。

コスタスはどんどん衰弱し
自分が死んだらプレイ・テルに自由になってほしいと願います。
それから少ししてコスタスは息を引き取り
プレイ・テルは本当に辛いけれど
コスタスの遺志を尊重することにします。

スタンとエンジェルの関係を知ったパティは
まずかかりつけ医にエイズ検査に行きます。
事情を聴かれたパティは
夫の浮気を白状します。
パティは陰性だったけど
夫婦でカウンセリングを受けることに。
スタンはエンジェルをどうして愛したのか
説明することができず、泣きじゃくります。

会社でスタンはマットに怒りをぶつけますが
マットの方がパワーがあるし
自分はパティとキスしたと開き直られ
スタンはどうにもならず。
一方エンジェルはまた覗き部屋で仕事を始めますが
お客は傷ついたスタンでした。

今回はプレイ・テルやビアンカの歌を堪能
Gleeとはまた違った歌のすばらしさを楽しめる
さすがRyan Murphy作品です。
ブラコンがメインの楽曲の中で
ラストの覗き部屋でのエンジェルとスタンの再会シーンで流れたのが
WhitesnakeのIs This Love。
まさかデビカバが!!の意外性ながら
シチュエーションにぴったりの選曲に恐れ入りました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ