FC2ブログ

The Path S3-#8 「去る者、来る者」

エディは信者たちに自らを洗練するよう、教えを説きます。
だがエディ自身に迷いが生じています。
カルのところにJPから感謝のしるしに車が贈られてきて
カルは自分についてくる信者を大切にしようと思います。
サラは一人旅に出て、エディもその目的を知らずにいますが
サラはニールと共に、リリスを探そうとしていました。

サラはリリス探しのヒントを得るために
コディアクがいるコミュニティーを訪ねます。
長老なら何か知っているはずだと考えたサラがコディアクに尋ねると
コディアクはなかなか教えてくれませんが
待っているとようやくリリスの住所を伝えてくれます。
その間にニールは旅立ってしまいました。

広報の仕事を解雇されたヴェラは
元夫のレミーと再会します。
レミーは今恋人がいるようだけど
意気投合した二人は一晩を過ごすことに。
だが翌朝リリスからの電話もあり
ヴェラはレミーのもとを去ります。
一方リリスは自分のもとにいる信者たちに
目標の実現が近づいていることを報告します。
しかしヴェラは自分の背中の焼き印について知ったことで
母への不信感も強まってきます。

ホークはケイレブと過ごすことが増え
ついにケイレブの父の神父が
エディを訪ねてきます。
そしてお互いの息子の関係について警告していきますが
エディはホークがゲイであってもそれは受け入れるつもりでした。
だが父親に何も話してくれなかったことについて
ホークに意見します。
母は突然旅に出るし、ホークも家族への不満が強まってきます。

エディはカルの力を借りて洗練しようとするけれど
それを妨げるのが現在のサラの存在だとわかってきます。
カルはもらった車は必要なかったと信者たちの前で叩き壊し
自分が目覚めたことをアピールします。

サラが帰ってきたとき
エディはサラに迷わされていることを伝え
サラに施設からの追放を命じます。
命令なので従わなければならないけれど
その状況でサラはリリスを訪ねに行きます。

サラとリリスが出会うことで謎が解けたり
新たな展開がスタートしそうですが
結局エディとカルは協力体制に入ってるのかな。
急に反目したり認めあったりで
この二人の立場が微妙なんですけど。
そしてホークも苦労が絶えないですね。
この両親の息子だから、宿命なのかな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ