FC2ブログ

The Path S3-#12 「我が国の新宗教」

ニールがTVショーでマイヤリズムについて分析
誰も知らないはずの博士の日記のことを暴露し
挙句の果てにカルトだと言い切ったので信者たちは動揺します。
何とか対抗措置を取る必要があり
ヴェラの計らいでカルが同じショーで
ニールと討論する機会を設けてもらうことになりました。

ホークは不安がるセンターの若者たちに
マイヤリズムはカルトではないと分析して提示し安心させます。
カルは討論のための準備を始めますが
メアリーは州知事に立候補する予定の議員から
秘書になってくれないかと打診されていました。
メアリーは仕事を選びたかったけど、カルは組織に残るつもりで
カルはメアリーにプロポーズするものの
メアリーに拒否されてしまいます。

エディとサラは精神病院に入っているリリスに会いに行き
エディはヴェラにリリスを病院から出すように促します。
ヴェラはバリの支部でエディが殺害され、組織が終わることという
リリスの予言をエディに伝えます。
そしてバリに支部が作れないように手をまわします。

カルはニールの考えるカルトとマイヤリズムの違いを指摘し
ニールに真っ向から対立。
普段は弁が立つバーバなのに(笑)
帰す言葉がありませんでした。
カルは組織を救ったけれど、メアリーと息子は家を出て行ってしまいます。
サラはニールに情報を渡していたことを告白。
混乱の中でエディは自分が新しい本に書き換える必要性があると気づきます。
エディとサラの気持ちは一致したけれど、ヴェラは裏切られた気分。

次回がファイナル。
このままいけば丸く収まるのかなとも思いますが
全てがハッピーエンドとはいかないだろうし
どうなるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ